From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


統計資料

 
高齢者福祉の統計資料:

その1.
スウェーデンの2002年度全国高齢者福祉住宅施設、または家庭介護を受けている実態:
この統計資料は、社会省の資料を参照、2002年10月1日現在を示す。

   介護、援助などを受けた人数 65歳以上の高齢者比率( % )
家庭介護(ホームヘルプ)高齢者 125 200 8.2
特別高齢者住宅に住む高齢者 115 500 7.5
短期期間介護を受けた高齢者  9 100 0.6
コミューンの家庭介護援助を受けた高齢者
− ホームヘルパーによる介護
− 家庭治療のみ
42 100
26 800
15 300

1.7
1.0
ディケアーセンター
− 特別高齢者住宅に住む高齢者
− 自宅に住む高齢者
13 000
2 600
10 300

0.2
0.7

この統計で注目に値するのは、家庭介護を受けている高齢者約 125 000 人と、特別高齢者住宅に住み介護を受けている高齢者、合計 240 000 人と多く、65歳以上の高齢者全体の16%を示していることである。さらに家庭介護、つまりホームヘルパーの介護援助を受けている高齢者をまとめると、約 140 500 人、全体の9.1% となり、コミューンの高齢者対策の重要性が伺われる。

また、ディケアーセンターで、何らかの介護、リハビリなどを受けている高齢者は、約 13 000 人であり、20%が特別高齢者住宅に住み、80%が家庭に住んでいる。ディケアーセンターに通う高齢者は、他の何らかの福祉介護または援助を受けている。

その2.
65歳以上の高齢者の介護または援助を受けた者の人数と割合:

  1980 1985 1990 1995 2000
本人の家庭 215 600
15.8 %
175 600
12.1 %
158 200
10.4 %
137 600
8.9 %
138 800
9.1 %
特別高齢者住宅 111 600
8.2 %
127 900
8.8 %
117 700
7.7 %
134 000
8.7 %
129 000
8.4 %
合 計 327 200
24.0 %
303 500
20.9 %
275 800
18.1 %
271 500
17.6 %
267 700
17.5 %

80歳以上の高齢者の介護または援助を受けた者の人数と割合:

  1980 1985 1990 1995 2000
本人の家庭 90 100
34.2 %
83 400
26.6 %
90 600
24.5 %
86 700
20.9 %
93 500
20.7 %
特別高齢者住宅 73 900
28.1 %
86 200
27.5 %
84 500
22.9 %
98 400
23.7 %
99 000
21.9 %
合 計 164 000
62.3 %
169 600
54.2 %
175 100
47.4 %
185 000
44.6 %
192 500
42.5 %

統計を見ると、家庭介護は1980年代は、2000年度二比較して約倍に近い高齢者が受けていたことを示す。しかし、その反面施設入居者数はあまり変化がない。高齢になるほど、介護の必要度が多くなり、今後の高齢者増加対策に十分な準備が必要で、介護職員の増加も重要な課題となっていくことが予想される。

  ( SOS 資料参照 2004年12月23日 記載 )

     統計資料 INDEX に戻る      次のページ