From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


統計資料

  I

スウェーデンの過去250年を振り返ってみると:

  • 1750年には、スウェーデンの総人口は、約180万人であった。100年後の1850年には、350万人に増加。更に100年後の1950年には、約700万人に増加、そして現在は約890万人の増加となっている。
  • 人口増加は非常にゆるやかであり、全国の各地、特に北部や田舎地方では人口が減り、反対に都会中心部および大学ののある都市は、90年代から増加一途にある。つまり、若者のみでなく職業不足から、家族ごと離村するものが増加している。
  • 現在では、スウェーデンはイタリーと同様に、世界の中でもつとも高齢者の多い国であり、5人に一人(約17%)は65歳以上の高齢者を抱えている。1900年代では、65歳以上の高齢者は、わずか8%であった。
  • 40年代に生まれた、人たちの増加が 2000年代に入って、さらに65歳以上の高齢者が増加することになる。何らかの介護を必要と予想される80歳以上の高齢者は、2025年には、現在の 440 000から 644 000人に増加するものと予想される。
  • スウェーデンは、今までに現在のように少子化は経験していなかった。1900年代では、女性一人に対しての出生率は、4.1人であったが、現在は1.5人の出生率と激減している。ただし、他のヨールッパ諸国と比較してみれば、極端に低い割合ではない。

    (2002年1月11日 記載 社会福祉局統計資料参照)

     統計資料に戻る