From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


統計資料

  I2000年のスウェーデン国内で65歳または、それ以上の高齢者介護などについての統計資料:
 

この資料は、特別高齢者住宅、施設、ホームヘルパーなどの家庭介護を受けている自宅滞在、さらにコミューンの医療介護、家族介護手当てを受けている自宅滞在者ディケアーセンターなどを含めたもの。

  • 2000年10月1日現在で、ホームヘルパーの介護認定をコミューンから受けている高齢者は、全国で約 125 300人です。これは、65歳以上の高齢者の約8%を示しています。1999年と比較してみると、約4 200人、約3%減っている。しかし、これは1999年以後に、認可を受けた人の高齢者数そのものには変化はない。
  • この125 300人の内、約7%がホームヘルパーの介護内容は、個人の必要事で、例えば買い物とか、掃除、料理、選択など。ホームヘルパーが勤務した合計時間は、全国コミューンの統計によれば約 4 062 700 時間である。介護そのものに要した時間は、この内の約9%で、1999年の約6%に比べて増加している。
  • 約 121 300人の高齢者が、特別高齢者住宅に住み、65歳以上の高齢者の約8%になる。 1999年に比較して、約5 000人の増加。尚80歳以上の高齢者は、わずかな増加を示している。
  • 121 300人の内、約11%の高齢者が永住高齢者個人住宅(サービスハウスなど)に住んでおり、1999年の約9%より増加を示している。

  • 約9 800人の高齢者が、ショートステイセンター(住宅)などに住んでいたもので、1999年に比較して 1 700人約20%の増加を示している。自宅滞在者の数は、1999年の5%に比べて、約16%増加を示している。
  • 131 400人の内、特別高齢者住宅に住んでいる者で、一時滞在者または長期滞在者を含めて、約6%の高齢者が夫、または妻、あるいは同居人または家族の者と一緒に住んでいる。住宅の約80%は部屋の中にトイレがあり、約73%は部屋の中にシャワーまたは風呂が設置されている。
  • 約15 500人の高齢者が、日常介護の認知を受けており、1999年に比較して約1 900人、約14%の増加を示している。
    (2002年1月11日 記載 社会福祉局統計資料参照)
     

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。添削希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


                         

     統計資料に戻る