From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
ミニ情報 リンク集 掲示板


 



色彩心理の活用          

 
7.安心感を与える色:


長い旅をして空港に到着した時、休むことなく仕事を続けた後、そんな時に心を癒やしにしてくれる色、それをうまく応用した色彩の配色を空港に見つけました。

ストックホルムのアーランダ国際空港のターミナル2と、ターミナル3をつなぐ通路にありました。窓側の一方を縦に取り付けられた蛍光灯に、色のテープを貼り付け、その間にある窓にも色鮮やかな色彩を配色したものです。

廊下のつなぎ部分から色の変化を持たせて、ひとつの通路を歩きながら、色彩の変化を眺めることにより、心の安らぎを感じます。長い間機内に閉じ込められて旅行した後、疲労がたまり重い気持ち で下りた時、この通路を歩くとなんとなくホッとします。

 

その二つの色彩で飾られた、見事な色のバランスをここに紹介したいと思います。アーランダ空港に到着した時、一度この通路をゆっくりと色彩を楽しみながら歩いてみてください。きっと心の疲れをとってくれることと思います。
 


ストックホルム・アーランダ国際空港のターミナル2から、ターミナル3への連絡通路です。

外部からの光が、窓に張られた色彩豊かなプラシティクで、通路をこんなにも変化させています。

天井も、通路のタイルも同じ色なのに、この素晴らしさをご覧ください。
 


写真撮影: ストック
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


     ( 2009年5月11日 再記載 )


          INDEXにもどる             前のページ      次のページ