From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
ミニ情報 リンク集 掲示板


Last Update: 2012/02/03



INDEX

福 祉 紹 介  
 

福祉情報 
[2011/11/21] 
認知症の介護の仕方
[2011/04/08] 
高齢福祉社会はどこへ
[2010/07/23]
   
高齢者福祉の民営化 
[2007/06/18] 
高齢者施設の種類  
[2009/06/13]
認知症について 
[2010/12/17] 
認知症の介護について
[2008/05/02]  
身体障害・知的障害者

[2011/01/23]  

いろいろな施設紹介 
[2009/10/24]
  タクティールセラピー紹介 

[2007/04/04] 

色彩心理の活用 
[2009/09/25]
介護実地体験の記録
[2008/12/22] 
寝たきり老人
元気な80歳のヴァンボーラを紹介
[2002/07/23]
施設見学について
[2008/12/30]
統計資料  
[2011/01/27]


メール   

ご意見・ご感想をお寄せくださ い。

fukushi-sweden@
hotmail.co.jp

 

転載希望の場合は、必ずメールにて連絡してください。
無許可による転載は禁止。

 

 


 


 

 

   

 

無料カウンター

無料カウンター

無料カウンター


高齢者福祉施設の種類


スウェーデンの高齢者福祉施設に入居した場合、または在宅介護を受ける場合の費用はどのくらい??  ( 2009年6月13日 記載 )

スウェーデンの福祉に関わる費用について:( 2009年6月11日 記載 )

スウェーデンの高齢者福祉に入居するには、基本的には地域のコミューンの福祉課が決定:

について記載しました。( 2009年6月7日 追加記載 )

 

下記の記事は2005年に記載したものです。

新規に改革された高齢者住宅65+に付いて記載しました。

高齢者住宅の改革について:

家庭介護または施設介護:


1950年代の初期に、コミューンの高齢者住宅に住む高齢者の介護と養護問題が検討され始め、老後の生活を家庭でするのが最良か、または介護職員のいる高齢者施設でするのが適切なのかが討論されるようになった。1952年に政府は委員会を設置、「高齢者が人生の終末期まで家庭で介護できる可能性がについ」と調査を依頼し、委員会はその結果を委員会報告書( Åldringsvårdsutredningen föreslog i sitt betänkande 1956 )として提出した。

この報告書の中で「高齢者は第一段階として、また最終目的として本人の生活能力が家庭介護援助により可能な限り、本人の家庭で生活が出来得るように、あらゆる援助と保護をすることがもっとも必要なことである」と報告している。政府と議会は1957年に、委員会の提案を実行することになり、「家庭介護のイデオロギー」と名前をつけ、その後もっとも基本的な考え方として、その後の高齢者対策には必ず取り入れられるようになった。

1950年代には、赤十字団体がボランテイア活動として、高齢者の家庭介護の援助してきた。それはイギリスが当時導入していた、高齢者家庭への食事宅配( meals-on-wheels )システムを取り入れたものであった。そのシステムをコミューンが担当することにしたものであり、60−70年代には全国のほとんどのコミューンが採用するようになった。さらに、コミューンはこのシステムを導入しながら、高齢者住宅施設の開発に力をいれるようになった。介護の必要度に見合ったサービスシステムと介護を提供するために、少数の入居者施設の建設を進めてきた。県も長期医療要介護者に対しての施設を開拓、高齢者増加に合わせて各地に建設されてきた。

 ( 2005年1月26日 追加記載 )


エーデル改革:

エーデル改革前までは、県とコミューンの医療治療後の介護について、分担と責任分野が明確ではなかったために、特に諸経費担当分野の問題が多く発生し、それらを解決するためにも、このエーデル改革(1992年)が実施された。これにより、コミューンは、医療治療後の、身体障害者及び高齢者介護と養護の分野の責任と担当を受け持つことになった。これで責任分野が明確になることが目的であった。この中には数項目が記載されているが、特別の高齢者住宅に施設について、次のように明確に記載している。

それは、「コミューンは、高齢者の為に住居サービスと介護の提供が出来るように、高齢者施設を設置する責任を持つもの」と記載し、さらに、その特別高齢者住宅施設とは、老人ホーム、サービスハウス、グループホームそしてシュークヘム( ナンシーホーム )と明記している。

追記として、コミューンは、高齢者が家庭介護による生活を可能にするために、、デイケァーサービスの提供をすべきであるとしている。

このサイトでは、簡単にその特別高齢者住宅施設と最近市場に出てきた高齢者用の住宅について説明します。

  • 老人ホーム: ( Ålderdomshem ) 

    共同生活体制を持ち、24時間介護を受けられるホームで、各自のアパートまたは部屋を有した施設。施設の中には共同キッチンの場所があり、食事も休憩なども共同に出来ること。入居者は家賃の支払い義務があり、さらに食事代、介護費用などを本人の収入(年金)に応じて支払いをする。

    1. 老人ホームでは、他の入居者と共同生活をする。
    2. 日中も夜間も介護を受けられる。24時間介護
    3. 小さなアパートまたは部屋に住む。
    4. 希望するならば、他の入居者と一緒に居られる。
    5. 一緒に料理をしたり、食事が出来る。
    6. 介護費用と食事代、家賃を支払う。

  • サービスハウス: ( Servicehys )

    個人のアパートに住みながら、施設内一部のサービスや休憩室が利用できる施設。施設内には、24時間体制で職員が勤務している。また、施設内にレストラン、美容院、足の治療室または各種行事が出来るホールの設備がある。
    サービスハウスの入居者が何らかの介護を必要とする時は、認定を受けなければならない。アパートの中には、本人の身体障害による介護の為に必要な設備(リフトなど)が設備されている。アラームの設置が普通。老人ホームの1−6と同様。

  • グループホーム( Gruppboende )

    グループホームは、少数のアパートで、共同キッチン、食堂、そして休憩室の設備を有し、24時間職員が勤務している。各アパートには、小さなキッチン設備を有している。入居者は普通、痴呆症高齢者である。本人の年金収入に応じて介護費用、食事代、家賃その他の経費を支払う。
  1. グループホームには、普通いくつかのセクションに別れ、1セクショには、6−9人が最適。
  2. 1ユニットには、例えばアルツハイマー型痴呆症のみの高齢者を入居、脳内出血型(脳梗塞による痴呆症)と一緒に住ませない。理由はそれぞれの介護の仕方とリバヒリが異なり、職員の教育もそれぞれ専門知識をもっていること。
  • シュークヘム( Sjukhem )

    重度の障害、または重度の痴呆症で、24時間常に介護を必要とする入居者の施設。部屋は一人または二人の共同部屋となり、医療教育を受けている職員が勤務。

  • 高齢者住宅: ( Seniorboende )

    ここ数年前から、シニアーハウスと呼び、高齢で健常者が共同施設を一緒に利用できながら個人生活が出来る、普通のアパート形式の住宅が多くなってきた。住宅の経営は、共同住宅組合方式であったり、民間経営などがある。年齢制限は住宅によって異なる。基本的には、個人所有のアパートとなる。

  • 高齢者住宅 +65: ( Seniorboende +65 )

    名前の通り、独身者または夫婦、同居人のいずれかが65歳以上、(ちなみにスウェーデンの定年は65歳)であれば入居資格を持つ。住宅の多くは、ホールなど共同施設がある。入居者は健常者でもねある程度のホームヘルパーの介護援助を必要とする者も入居できる。基本的には個人所有のアパトーとなる。 詳しく知りたい方は「ここを」クリック


      ( 2004年12月22日 記載)


      福祉紹介の INDEX に戻る  次のページ