From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板




高齢福祉社会はどこへ (2010年)

                

高齢者の食事について:  

 

  1. 高齢者にかぎらず、食事はある意味で薬と同じ役割を持っています。
     

  2. 高齢者には、減塩と脂肪分の削減を提案する医師や栄養士もいますが、ある程度の脂肪分は身体のために必要です。これは栄養失調の進行を妨げる効果があります。エメルギーの増加、ADLの効果増進がみられ、簡単で効果のある食事療法ともいえます。
     

  3. その人に合う、適切な食事の提供が必要であり、健康増進にもつながるものです。
     

  4. 普通高齢者に良いとされている食事(基礎的な食事)の中には、長期期間提供することは、ゆっくりと栄養失調進行をさせていることもあり、そのために変化のある食事提供を考慮する必要があります。
     

  5. 認知症高齢者やその中で特にアルツハイマー型認知症高齢者に、体重の増加が良く見られるので注意が必要です。ただし、ある程度の体重増加は、高齢者に元気を与えていることが確認されていおり、これは記憶障害の助けにも効果があるとみられています。
     

  6. 適度な運動を定期的に実行することも必要。特に手足の運動。足踏みなど・・。
     

  7. 一度の食事にたくさん食べることが重要ではなく、数回にわけても必要なカロリーを確実に吸収することが大切です。食事は毎回少量で、一日に数回の食事をしても、胃に対する負担も少なく消化も良く、重要なのは身体に必要なカロリーの吸収です。
     

  8. 食事は楽しく、おいしく食べることが食欲増加となり、そのためには室内は明るく、テーブルの上には花があり、窓には単調ではあるが色彩豊かなカーテンがあるなど、食堂の雰囲気作りも大切なものです。
     

  9. 早寝をしたり、朝早く起きる高齢者には、時には夜中にも食事の提供が必要となります。夜中に心配してオロオロしたり、寝ない理由は多くの場合、お腹が減っていることが原因ですから、たとえ夜中でも、高齢者が食事をしたいと希望するならば、少量でよく、水分の補給も兼ねて与えるようにしてください。

食事に必要とされるカロリーの基準、
 

食 事

食事時間

(%)

Kcal

朝食

07.00-08.30

15-20

320-430

中間食

09.30-10.30

10-15

210-320

ランチ

11.00-13.00

20-25

430-540

中間食

14.00-15.00

10-15

210-320

夕食

17.00-18.30

20-25

430-540

中間食

20.00-21.00

10-20

210-430

 

 

 ( 2010年3月20日 記載 )

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)

 


            INDEXに戻る    前の記事        次の記事