From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板




高齢福祉社会はどこへ (20010年)

   

高齢者が在宅サービスで受ける、ホームヘルパーの費用は:

 

ホームヘルパーを受けるための費用は、時間計算となります。

全国統一の基本料金はなく、各コミューンが自由に決定できます。
 

しかし、サービスを受ける費用の上限金額は、毎年社会庁から指定されます。

 

下記に記載の経費等は、レンーナSollentuna)コミューンの2010年度の経費です。

 

経費の分類 ホームヘルパーのサービスを一カ月に受ける時間 月額経費Skr
 1  2−9 449:−
 2  10−15 671:−
 3  16−25 784:−
 4  26−32 894:−
 5  33−49 1 007:−
 6  50−79 1 120:−
 7  80−99 1 230:−
 8  100−119 1 343:−
 9  120−179 1 456:−
 10  180< 1 696:−
  • 在宅介護の契約がなくて、一時的にサービスを受ける場合は、一時間ごとにSkr 336:- となります。

  • 安心アラームは、一か月Skr 184:- 備品は無料貸与。

  • 食事の宅配費用は、一か月Skr 336:- 

  • 在宅者のディケアーセンター費用は、一日Skr 40:-

  • ショートステイ費用は、一日Skr 56:-

    食費は、
     

  • 宅配費用を含まないで、一食 Skr 39:-

  • デイケァーセンターでは、一日 Skr39:-

  • ショートステイの場合、一日Skr 81:-
     

  • 認知症高齢者を抱える家族援助の相談、講習会が年に4−5回実施されています。

  • すべの講演参加費は無料です。

  • 相談希望者は高齢者施設または、コミューンの担当者が何時でも相談に応じます。

 

 ( 2010年4月20日 記載 )

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)

 


            INDEXに戻る    前の記事        次の記事