From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
ミニ情報 リンク集 掲示板


Last Update: 2012/02/03



INDEX

福 祉 紹 介  
 

福祉情報 
[2011/11/21] 
認知症の介護の仕方
[2011/04/08] 
高齢福祉社会はどこへ
[2010/07/23]
   
高齢者福祉の民営化 
[2007/06/18] 
高齢者施設の種類  
[2009/06/13]
認知症について 
[2010/12/17] 
認知症の介護について
[2008/05/02]  
身体障害・知的障害者

[2011/01/23]  

いろいろな施設紹介 
[2009/10/24]
  タクティールセラピー紹介 

[2007/04/04] 

色彩心理の活用 
[2009/09/25]
介護実地体験の記録
[2008/12/22] 
寝たきり老人
元気な80歳のヴァンボーラを紹介
[2002/07/23]
施設見学について
[2008/12/30]
統計資料  
[2011/01/27]


メール   

ご意見・ご感想をお寄せくださ い。

fukushi-sweden@
hotmail.co.jp

 

転載希望の場合は、必ずメールにて連絡してください。
無許可による転載は禁止。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料カウンター

無料カウンター

無料カウンター

 



施設見学について


北欧のベニスといわれる、湖に囲まれたストックホルムで、福祉高齢者施設の視察や実習(介護、看護等)をしませんか


(名古屋の福祉学校の実習の記事は、介護実地体験と講習をご覧ください。
 ここをクリックすると見られます。)

 

スウェーデン国内高齢者福祉施設、グループホーム、身体者障害者施設、コレクティプハウスなどの施設見学をご希望のグループに、通訳・コーディネイター・オルガナイザーとして活躍しております
 

スウェーデン国内の施設見学、講習、施設の職員による説明会、講習、介護実地体験など、すべてこちらで計画、より良い機会を提供いたします。

ご希望のグループ、団体に限らず個人の方にも対応でますのす。

メールて連絡してください。

個人の施設訪問または実習についても応じることができます。ただし、諸事情により、必ずしもストックホルム市内とは限りません。

  • 期間:

  1. 施設の見学は、時間単位または一日コースから、数日のコースなどご希望により準備いたします。
  2. しばらく実地体験と実習は、中止いたします。ご理解のほどよろしくお願いします。
  • 費用:
  1. 施設の見学および研修費等は、施設により異なりますので、メールにてお問い合わせください。
  2. 通訳料、オルガナイザー料金等は、視察、会議などの内容によってことなりますので、メールにてお問い合わせください。
  3. 航空券などは、基本的には参加者自身で、日本国内にて取得していただきますが、ご希望の場合はこちらにて、業者を紹介いたします。
  • 宿泊:
  1. 施設の近くのホテル、B&Bや場所によっては、山小屋などにグループで長期宿泊できます。
     
  2. 郊外の山小屋での宿泊の場合は、食事は自分で料理をしていただくことになります。山小屋には、冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジ等が設備されており、新しいモダンなキッチンがついております。またトイレやシャワーなどもあります。
     
  3. 山小屋では、一人から最高6人まで共同生活ができます。
     
  4. ユースホステルでの長期宿泊は、盗難などの事故が時々ありますのであまり推薦できません。
    宿泊の際は持ち物に十分に注意するようにしてください。
     
  5. 個人宿泊を希望の場合、一泊から最高一ヶ月まで個人のアパート(キッチン、お風呂、シャワー付)にて宿泊を提供できます。  部屋の写真は、こちらからご覧になれます。
  • 施設視察または見学:
  1. 高齢者住宅、サービスハウス、痴呆グルフーホーム。
  2. 知的障害者施設とグループホーム。
  3. ディケアーセンター、ディセンター
  4. 障害者職業訓練所。
  5. 車椅子訓練施設。
認知症ディケアーセンターで実習中
  • 研修内容:
  1. 高齢者施設やグループホームにて、痴呆症または知的障害者の介護実地体験
  2. ディケアーセンターでの実習
  3. 痴呆症高齢者の症状による介護の仕方を講習
  4. 施設職員との質疑応答などの討論会
  5. 施設によっては、足の治療士の見学または講義
  6. その他作業療法士など専門分野の体験、研修
  7. 上記の研修は、すべてご希望により組み込みます
  8. 最低条件として、英語による簡単な日常会話ができることが必要です。