From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
 
ミニ情報 リンク集 掲示板
 

痴呆の介護の仕方(2004年)

 
痴呆症介護ガイドブック」

31 「介護と手」

1.「手は最高の介護の道具」

人間の手は最も精密な機械よりも、さらに精密で微妙に動かすことができます。時には老人の震える手に触れるだけで、老人の不安な心の動きが分かります。

また手の暖かさ、やさしさを感じることができます。相手の握りかえす強さで、相手が安心して信頼を示していることも感じられます。

手はいかなる道具よりも優れた道具です。痴呆性老人の介護には、介護者の手が道具となります。手の動きひとつで、老人を安心させることも、不安におののかせることもできます。

私達は自分の好きな相手には、手をそえてやさしくさすり、時には相手の頬に手を当てて、慰めることもします。不安な時は手を震わせ、怒る時には手を上下に激しく動かし、感情をあらわします。

友人に合えば手を上げて、挨拶の変わりにもなり、手を叩いて喜びの気持ちを表現することもできます。

介護者の手は言葉以上に、気持ちを老人に伝えることができます。介護者のすばらしい楽器なる手を、有効に活用して下さい。

  


   (2004年3月15日 記載)                

     INDEXにもどる         前のページ     次のページ