From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
 
ミニ情報 リンク集 掲示板
 

痴呆の介護の仕方(2004年)

 
痴呆症介護ガイドブック」

30-3 「痴呆症老人と領域について」

3. 「職場で次のような、簡単なテストをしてみて下さい。」


まず、二人の介護者がお互いに、向き合うように立ちます。
互いに約1.5メートルほど離れた位置で、一方が人差し指を相手の目の前に出します。

  • 最初は腕を曲げたまま人差し指で、相手を指して下さい。
  • 相手はその指には何も感じません。
  • 次には、腕を伸ばして、指先を相手の顔から、約50センチのところまで出して下さい。
  • 相手は近づいて来る指を意識しますが、危険は感じません。
  • 最後に、腕をさらに伸ばし、指先をまっすぐ相手の顔の前に出し、約30センチのところから、ゆっくりと近づいて下さい。

相手の方は、何を感じましたか?    

目の前に差し出された指を見ている相手は、だんだんと近づく指を見て、不安や恐怖を感じて、顔をさけようとしたり、思わず後ろにさがります。

相手が近づいて来たと感じて行動しかけた、その距離(指と顔の間隔距離)から身体に近い部分が、他人に侵されたくないその人の領域です。

このテストは、家庭でもできますから試してみてください。次ぎのページでもう少し詳しく説明します。


  (2004年3月9日 記載)                           

      INDEXにもどる      前のページ     次のページ