From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
 
ミニ情報 リンク集 掲示板
 

痴呆の介護の仕方(2004年)

 
痴呆症介護ガイドブック」

28-4 「会話のときに注意すべきことは」

7. 「質問する会話はしないこと」

痴呆症老人は、自分自身は誰なのか、どのような人生経験と、過去の歴史をもっているのかなどの記憶能力は低下していきます。

初期症状では、まだ自分の名前も、身内家族の顔も、いろいろなことも思い出すことができますが、それも長くは続きません。中度以上に障害が進と、老人は自分の能力が低下している意識がありません。周囲の人達が、老人にとって大切な事柄を思い出せるように、言葉で助けることは、老人の自意識(自分は誰なのかを知る感覚)を保持するためにも必要です。

いつも自分が答えられない質問をされることは、記憶障害を持つ老人には耐えられないことです。自己嫌悪におちるのみです。「年はいくつ」「あなたの名前は」「生年月日は」「覚えていますか」などは、老人には不可能な質問です。老人には質問の内容すら理解できないことがあります。

そんな時は、たとえば
  • 「おじいさんは80歳ですよ」
  • 「私の名前は、よしこ、貴方の名前は玲子さん」
  • 「おばあさんは大正5年生まれですよ」
  • 「この写真の女性はあなたですよ」などと、老人が考えたり、答えを選択する必要のないように話しをして下さい。

老人は言葉を思い出すまでに時間がかかります。老人が答えるまで待って下さい。

介護者が次の会話に進んでも、頭の中で一生懸命に考えている老人には、前の会話が続いており、やっと言葉をみつけたころには、介護者が他の話しをしていたのでは会話にならず、老人はいらつくばかりです。


8. 「子供扱いした話し方をしないこと。」


精神的には知能が子供のようであっても、感情面では大人です。やさしく話すつもりで、老人を子供扱いした話し方は、老人に侮辱となり「ばかにしている」と反感を買うばかりです。

子供でもわかるように話す事は大切ですが、話す時の口調と態度には、老人を大人としてして尊重した態度と言葉で話して下さい。

やさしく相手の肩から肘のあたりに手をふれて、話をすると老人は安心して、話を聞いてくれます。


  (2004年2月10日 記載) 
          

       INDEXにもどる         前のページ     次のページ