From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
 
ミニ情報 リンク集 掲示板
 

痴呆の介護の仕方

 
痴呆症介護ガイドブック」

23. 「身体は何を語ってくれるのでしょうか」

身体は:身体の調子や気分を表わします。

  • 心の感情をごまかすことはできません。
  • 人生を語ります。
  • 思い出します。

背中は現在気分が良いのか、悩みがあるのか、悲しいのかなどを語ります。

  • 肩の上げ下げで気分を表わします。

目は口ほどに物を言うといいます。

  • 口の動きや、表情には気持ちが表れています。
  • 口は声のないさけび、言葉を表わします。

手や腕の動きで気持ちを表わします。

音楽を聞いて気持ちや、気分を表わします。

  • 音を聞いて昔を思い出します。

介護者はこうした老人の気持ち、気分、考え、好ききらいなど、いろいろな手段による表現と症状に、常に注意、観察し対処することにより、いろいろなトラブルを避け、介護をスムーズに行使することができ、老人とのコミュニケーションを容易にします。

老人の動きをよく観察してください。

     (2004年1月21日 記載)

                           

          INDEXにもどる         前のページ     次のページ