From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
 
ミニ情報 リンク集 掲示板
 

いろいろな施設紹介

   

このページでは、スンスバル・コミューン内にある高齢者施設等を紹介:

 

Lindgården Äldreboende)高齢者総合施設 :

Lasarettsvägen 18
851 85 Sundsvall


Haga地域に、新規 改築されたシュークヘムは、常時96ベッド数があり、その内26ベッドは痴呆症高齢者で、24ベッドはショートステイ用です。中央は入り口には、カフェテリアがあり、共同体 Fix Trix が経営するセカンドハンドの店があります。同じ階には、リハビリテーションの部屋と、足の治療室もあります。

交通の便は公共バスがあり、バス停留所は病院の正面玄関にあります。

業務は、コンタクトマン・システムを取り入れ、個人の介護プラン計画によって介護をしています。

看護士を含めた全ての職員は、全ての出来事を記録する義務があり、常に適切な介護をするようになっています。
 

地域診療所は、24時間体制となっており、夕方、夜中及び休日には、常に看護士が介護、治療などできる体制を持っています。また、運動及び作業療法士のリハビリも受けることが出来ます。

 

足の治療は、必要性があった時には、その治療を施設内の治療室で受けることが出来ます。

 

部屋の中には、電話とTVのアンテナ差込口が設備され、簡易キッチンと食堂及び風呂場があります。8箇所の部門には、共同の休憩室があり、そこで食事をしたり、社会的交流ができるようになっています。部屋の広さは、30 – 38 uです。

 

部屋は個人のアパートと同様に、全ての家具や日常品などを持ち込むことが出来ます。そして個人が家庭保険をかけることになります。施設側は、ベッドとジュウタンを設備します。これは、衛生面と介護職員の作業をよりやりやすくするためです。

 

Lidgården Äldreboendeの特別高齢者住宅:

 

104のアパートがあり、各部屋の広さは、簡易キッチンと風呂場付きで、約32uです。

個人に要介護に適切な介護プランがあり、これは本人及び家族、そして施設の職員および看護士と共に、時には専門医が参加して、よりよい老後の生活ができるように努力しています。

介護については、常に看護士または職員により記録され、問題発生時には早期解決に努力しています。

各個人には、コンタクトマンが付き、基本的にコンタクトマンが、定期的にシャワーが本人の希望通りにされているのか、部屋の掃除など監督の責任を持ち、買い物や銀行など金銭面の取り扱いをなし、衛生用品などの買い物もコンタクトマンが行います。
 

これらは、どの施設でも、基本的には同じです。

 

また、新規に入居する場合は、施設の責任者、担当職員、看護士および家族が一緒になって、入居者の介護計画についてや、個人情報などのミーティングを持ちます。これは、家族と施設間の相互の理解を深めるために、とても重要なことです。

 

各部門には、6−7名の職員が担当しています。これは、入居者が常に同じ職員の介護が受けられるようにと配慮しているものです。勤務は三交代制で、朝と日中には、常に2−3人の職員が勤務し、夕方は1−2人、そして夜間は2名の職員が、32のアパトーを受け持っています。介護は准看護 士と介護職員によって実施されています。担当医師により規定化された医薬品の投薬が出来ます。

 

職員の教育は、非常に重要なものと理解し、定期的に職員教育を実施しています。

音楽、作業、リハビリ療法士達の活動は、必要に応じて対応しています。

 

Servicehuset Tomtegränd:サービスハウス

Tomtegränd 5A

856 42 Sundsvall

Tel: 060 – 15 56 61

 

施設に付いて:

サービスハウスは、1993年に建設され 、建物は4階建と2階建で二棟が連結しています。

玄関のある一階には、受付、カフェテリア、レストラン、ホール、TV室足の治療室があり、カフェテリアの側には、キオスクそして身体障害者用トイレからな ります。

 

部屋について:

16部屋は、 1部屋と簡易キッチン
21部屋は、 2部屋と簡易キッチン
 4部屋は、 3部屋と簡易キッチン

 

職員の部屋は、A−ハウスの2階と3階にあります。

洗濯場は、B−ハウスの地上階にあります。

(ちなみにスウェーデンは、日本での一階は地上階と呼び、2階から、一階が始まります)

電話とTVの取り付け口は各部屋に設置されています。


 

Äldreboendet Hellbergsgården高齢者総合施設:

Hellbergsgatan 1

856 31 Sundsvall

施設は、19961967年に建設され、1997年6月1日に普通のアパートから、特別高齢者住宅に改造さ れました。この施設には、27のアパートがあり、3部門に分かれています。

18部屋が痴呆症入居者で、7部屋がシュークヘム、2部屋が一時休憩室(これは介護を続けて疲れた家族が、一時的に高齢者をあずけて、家族が休息するために用意されたもので、ふだんは空いてい ます)

 

部屋の広さは、35u簡易キッチンと風呂場付き、洋服押入れがあり、小さなベランダが設置されてい ます。

 

3部門の名前は、春、夏、秋と呼ばれ、各部門には看護士1名、8−9名の准看護士または介護職員が勤務している。職員は常時勤務してい ます。

各部門の介護と援助に関わる責任者は、看護士であり、介護指導なども担当し 、さらに入居者の介護等の記録、規定されている医薬品の投薬等の任務をもちます。

入居者の個人介護計画は、他の施設と同様です。

Hellbersgården


 

Alnö Servicehusサービスハウス:

Färjevägen 32

865 31 Alnö

 

施設には、ホームヘルパーのグループがあり、職員は准看護士及び介護者からなります。

夜間は常に2名勤務し、夜間勤務をしつつ、施設内と外部のアラームの対応、緊急電話(この施設が担当している地域範囲内)の応対しており ます。他にはテラピスト、足の治療員及びレストラン職員がいます。
 

部屋について:
 

コーナーキッチンがあり、風呂場や洗濯器が設備され、大きなバルコニーがある。

Alnö servicehus entré
  8部屋は、 1ルームと簡易キッチン 面積は: 40.7 50.5m²
14部屋は、 1.5ルームと簡易キッチン 面積は: 51.4 56.5m²
20部屋は、 2ルームと簡易キッチン 面積は: 59.5 63.2m²
  2部屋は、 2.5ルームと簡易キッチン 面積は: 76.3m²

 

( 2009年9月10日 記載 SK )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


       INDEXにもどる    前のページ   次のページ

 

無料カウンター