From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板

  c


身体障害・知的障害者 (2010年)

     
   

障害者が受けている社会サービスの実情:

 

社会サービス法(Socialtjänstlagen , 2001:453SOLに基づく、0−64歳までの障害者に関する20081231日付けの統計。ここに記載する統計は、SOL 4 kap.1§Sol.に関するもの。

 

4 500人、0−64歳までの障害者が、定期的に特別住宅に住んでいる。期間200811日から630日までの期間では、女性が約41%,男性が59%で、55−64歳の年齢層が全体の55%を示す。71日から1231日までの間では、その内の約40%が女性で、60%が男性。高齢になるほど割合は増加し、55−64歳の年齢層が全体の56%を示す。

 

期間200811日から630日までの期間では、約16 700人の障害者、そして71日から1231日までの間では、約17 300人、0−64歳までの障害者が、自宅生活で在宅介護または看護を受けている。その内の約53%が女性で、47%が男性。

 

在宅介護、看護に関しては200811日から-1231日までの期間で、約35%の障害者が一カ月1−9時間、また約26%の障害者が一カ月10−25時間の在宅サービスを受けている。

 

期間200811日から630日までの期間では、712 200人、そして71日から1231日までの間では、約13 300人が何らかの生活援助を受けており、男女の割合は同数である。

 

期間200811日から630日までの期間では約9 600人、そして71日から1231日までの間では、約10 200人の障害者が自宅に「安心アラーム」の設備を受けている。

200811日から630日までの期間では、約5 100人の障害者がデイセンターのサービスを受け、約1 300人がショートステイのサービス、そして約3 600人がコンタクトマンまたはコンタクトファミリーを持っている。

 

71日から1231日までの間では、約5 200人の障害者がデイセンターのサービスを受け、約3 600人が付添者のサービス、約400人が食事の宅配サービス、約1 700人がショートステイのサービス、そして約3 700人がコンタクトマンまたはコンタクトファミリーを持っている。

 

200811日から630日までの期間では、約24 900人の障害者何らかの診察を受け、その内の48%が女性で、52%が男性である。

200871日から1231日までの間に、約32 600人の障害者が何らかの診察を受けている。

12月には、約23 500人の障害者が診察を受けており、その内の49%が女性で、51%が男性である。

 


  
( 2010年3月1日 記載 )

 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


                         

          INDEXにもどる         前のページ    次のページ