From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板

 


身体障害・知的障害者 (2009年)

 
ストックホルムの更生施設を紹介: 

 

成人でありながら、知的障害、自閉症そのたの障害により、一般社会に出て就職できない人たちは、更生施設で生きがいのある毎日を送っています。 そんな施設を訪問してみました。

島の中央にある古い建物ではあるが、中は広くダンスもできるし、演技も出来る小さな劇場もあります。

玄関にはいると、アフリカの音楽が聞こえ、どこかの部屋でダンスしています。他の部屋では、絵を描いたり、布地にカラフルナ色でデザインしている人が何人もいます。

 

他の部屋では陶器に色を塗り、窯に入れて焼いている人もいます。それらの作品は近くにある、小さなお店で彼ら自身が店頭に立って、一般のお客に販売をしています。レジの打ち方を何時間もかけて覚え、今では簡単な計算もできるようになりました。

 

自分たちが製作した作品が販売され、その費用は遠足やクリスマスパーティなどに活用されるので、みんなとても張り切っています。更生施設には毎日グループホームや自分のアパートから通う人たちが、50人近く 通っています。それらの障害者を20人程のスタッフが看護したり、いろいろな訓練と教育指導をしています。障害がありながら、少しでも一般社会の人たちと同じように、日常生活が過ごせるよう努力しています。

 

そんな施設を写真で紹介します。ここの「更生施設の写真集」をクリックしてください。

 

この更生施設と日本の大阪堺市にある更生施設は、今年1月に堺市の更生施設職員が視察訪問した機会に、話し合いがおこなわれ、障害者が製作した作品をお互いに交換し、それぞれの展示会で、市民のみなさんに見ていただくことになりました。 ちなみに、今回の堺市交流展示会は、東京にありますスウェーデン大使館も後援していただけることになりました。展示会の結果報告は、また改めていたします。

 

時間がありましたら、ぜひ展示会を訪問してください。
 

日本の展示会会場は:

大阪堺市堺区南瓦町3番にあります、堺市市庁舎のフロントフロァーで公開されることになりました。

場所は、南海電鉄「堺東(さかいひがし)駅」下車すぐです。

 

お問い合わせ電話番号は: 

Tel: 072−233−1101(大代表) 障害福祉課です。
 

期日は:
2009年4月10日金曜日から、17日金曜日まで、

開催時間は、午前9時から午後17時までの予定です。
    

ストックホルムと堺市の作品交流会写真集・2009年

(スライドにてご 覧になれます)  

ストックホルムの厚生施設作品写真公開: 2009年9月記載
(スライドにてご 覧になれます)  

ストックホルムの郊外の島にある更生施設、裁縫室で作業に一生懸命です。  

 

  ( 2009年2月11日記載、9月25日追加。記載  写真:ストック撮影 )

 

 

 

          INDEXにもどる         前のページ    次のページ

i2i無料WEBパーツ
無料カウンター