From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


       身体障害・知的障害者( 2008年度 )

 


身体障害者の就労状況:

その1: SAMHALL( サムハル)の現状:   
 

Samhall の歴史:
Samhallは、1980年に創立、当時はスウェーデン全国に370の生産工場、組み立て工場、その他下請け作業をしていました。例えばIKEA( イケア)の家具店に収める家具製作は、全国30箇所に木工工場有していました。当時このSamhallで、約27 000人の職員が就労していました。その内障害者対象である者が約21 400人で、その当時から障害者の社会復帰の大きな役割を果たし、創立から現在までに、約10万人以上の障害者を援助してきました。

社会経済が豊かで労働市場に恵まれていた1989年から90年度には、もっとも多くの障害者が就労し、一時は3万人以上の職員が勤務していました。現在 会社の経営管理、障害者労働指導員、リハビリ職員等正職員は約1600人が勤務しています。
過去約25年間に、Sahall から 23 300人が企業に採用され、97 400人が Samhall に採用となっています。

現況:

しかし、現在は派遣会社との競争を政府が指示し、Samhall から一般企業に就職する雇用率促進を最低毎年5%目標としています。2007年度には目標を超える 5.2% に達成しました。

この障害者という概念は幅広く解釈され、認知症または身体障害者のみでなく、例えば、糖尿病、精神病、長期病気により、社会復帰の困難者、過激な勤務によ る、いわゆる「燃え尽き症」にて職場を退職していた者など、以前のように必ずしも肉体的障害者のみを対象としている者ではありません。2007
年 には 2006年度に比較して、1500人増加し、Samhall の保護雇用者は全国の250コミューン地域内で20 081人が働いています。


就労内容:

仕事の内容は、例えば工場作業(部品の組み立て等が全体の35%)、清掃業務(約25%)、高齢者支援(約17%)などいろいろな分野に人材派遣をしています。業務内容は、工場勤務とは生産部門や荷造り、工場内の商品搬送などがあり、清掃部門では病院や事務所の清掃から市内の道路清掃 、アパートの階段の清掃、公園の清掃などと幅広い分野で活躍しています。高齢者支援としては、高齢者の食料品等買い物の代理業務、簡単な室内の清掃 ( ホームヘルパーの業務とは異なります)、散歩や観劇の同伴など 、高齢者の日常生活の援助を提供しています。

 

例えば最近契約した業務では、鉄鋼会社 LKAB の約3000人の職員の作業着を洗濯作業所で30人勤務、ハンバーガー店舗で皿引や掃除などの業務として70人が 40店舗で勤務し、契約としては20012年度までに約200人が勤務に従事することになっています。

家具専門店
IKEA とも昨年末に清掃契約を獲得しました。現在勤務する職員の約93%が、何らかの障害を持っています。

 

ちなみに、Samhall に勤務するには、すべての人が職業安定所から斡旋されることが条件です。年齢制限は、労働可能年齢とする16歳から64歳までの何らかの障害を有すると職業安定所が認定した者に限ります。 65歳以上は定年者となり、この労働可能な障害者対象とはなりません。

 

統計資料:
2007年に、全国に身体障害は約30万人。その内障害者援助で何らかの仕事についている者は、約85000人、Samhall勤務者が約2万人、給与補助手当ての受給者が約65000人。

障害者の失業者の内雇用保障を受けて職業教育を受けているものが、約24800人。

活動保障を受けている者が、約11100人。

国民の16歳からー64歳までの労働可能者の内、5人に1人が何らかの身体障害を持ち、男性よりも女性に多いです。

同じく10人に1人が、何らかの労働障害を持ち、全体では50歳以上に多いです。

障害者で職業安定所に求職の届出を出した者は約23000人で、その内7900人が長期失業者です。

 

( このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。添削希望の方は管理者に連絡してください。)

 

(2008年2月17日 記載  AMS,Samhall 資料参照 写真:Samhall提供 )

                  

             NEWS INDEXに戻る  前のページ      次のページ