From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板

 

認知症について (200 9年)

   

簡単に認知症のテストをする方法:その2: 「N式老年者用精神状態尺度(NMスケール」

 

前ページに、認知症の評価スケールとして、「改訂・長谷川式簡易知能評価スケール」を紹介しまたが、それと共にひろく使用されているのが 、N式老年者用精神状態尺度(NMスケール)です。

 

長谷川式が被験者への質問に基づいて認知症を評価するのに対し、このNMスケールは、被験者の日常生活における行動観察を通して評価を行うのが特徴です。しかし、評価者の経験、知識と情報量によって、評価結果が異なる危険があり、必ずしも正しい評価とはいえない難点があります。

 

実際の使用にあたっては、各項目のどの区分に該当するか評価した後、5項目(寝たきりでは3項目:会話、記銘・記憶、見当識)の点数を合計し、重症度を評価します。 しかし、これはあくまで参考資料となるものであり、認知症の疑いがある時は、専門医に相談されることをお勧めいたします。

 

評価の点数俵:
 

  項目を用いた場合 項目を用いた場合
正 常 50〜48点 30〜28点
境 界 47〜43点 27〜25点
軽 度 42〜31点 24〜19点
中等度 30〜17点 18〜10点
重 度 16〜 0点  9〜 0点


下記の表を印刷してご利用ください。
 

 氏 名

年 令  生 年 月 日 性 別 記 入 年 月 日  記 入 者
             才              年  月  日   男   女

           年 月 日

 

 

 

家事、身辺整理

関心、意欲、交流

会話

記銘、記憶

見当識

0点

不能

無関心、全く何もしない

呼びかけに無反応

不能

全くなし

1点

殆ど不能
・手の届く範囲の物はを取れる

周囲に多少関心あり
ぼんやりと無為に
過ごすことが多い

呼びかけに一応反応するが、自ら話すことはない

新しいことは全く覚えられない
古い記憶が稀にある名前が言える

殆どなし
人物の弁別困難
男女の区別は出来る

3点

ごく簡単な家事、整理も不完全
おしぼりを渡せば顔を拭くことは出来る

自らは何もしないが指示されれば簡単なことはしようとする
手渡せば雑誌のグラビア等を見る

ごく簡単な会話のみ可能
辻つまの合わないことが多い
有難う、ごちそうさま、おはよう等が言える

最近の記憶は殆どない、古い記憶が多少残存
生年月日不確か
出生地を覚えている

失見当識著明
家族と他人は区別出来るが誰であるかわからない
自分の年齢をかけ離れた歳で答える

5点

簡単な買い物も不確かごく簡単な家事、整理のみ
声がけにて、ベット周辺の整理ができる

習慣的なことはある程度自らする、気が向けば人に話しかける
話しかけられれば話がはずむ
声がけにて行事に参加する

簡単な会話は可能であるが、
辻つまが合わないことがある

最近の出来事の記憶困難、古い記憶の部分欠落
生年月日、正答

失見当がかなりあり(日時、年齢場所など不確か
道に迷う)
看護婦、医者、寮母の見分けが出来る

7点

簡単な買い物可能留守番、複雑な家事、整理は困難
食器が洗える
エレベーターの操作が一人で可能

運動、家事、仕事、趣味など気が向けばする必要なことは自ら話しかける

話し方はなめらかではないが、簡単な会話は通じる
相手の話が理解できる

最近の出来事をよく忘れる、古い記憶はほぼ正常
物をしまい忘れて騒ぐ
服薬の自己管理が難しい

ときどき場所を間違えることあり
目的の場所へ行こうとするが時に迷う

9点

やや不確実だが買い物、留守番家事などを一応まかせられる
部屋のそうじ、自分の衣類の整理ができる

やや積極性の低下がみられるがほぼ正常
周囲の人と雑談ができる趣味を持っている
家族や同室者の行動を知っている

日常会話はほぼ正常、複雑な会話がやや困難

最近の出来事を
ときどき忘れる
一人で受診できるが診察日を時に忘れる

ときどき日時を間違えることあり

10点

正   常

評価

 

 

 

 

 

 

 

  柄澤式「老人知能の臨床的判定基準」による認知症テストは、次のページをクリックしてください。

 

      ( 2010年12月16日 記載 )

 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)
                   

           INDEXにもどる           前のページ    次のページ