From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


Last Update: 2002/03/29


観光・旅行情報 (2005年)

        
ユーロー紙幣の偽札の見分ける方法:

ユーロー紙幣の偽札が、ヨールッパ各地で氾濫しています。2002年にユーロー紙幣とコインが発行され実用化されてから、毎年偽物がおおくなっています。

昨年のみで、ユーロー警察、ユーローポールに、594 000枚のユーロー紙幣と、75 000個のコインが偽札として届けられています。特に偽札が多いのは、100ユーロー札で、ついで50と200ユーロー札となっています。

偽札はコーピーの機械で複写された偽札が多いですが、ユーロー紙幣になれていない、日本人を含むアジア各国の人たち、またはスウェーデン人などが、一番多く被害に遭遇しています。昨年スペインの偽札グループ27名が逮捕され、約2.5ミリオン・ユーロー(日本円約3億4千万円)の偽札をユーローポールが押収しました。

偽札の被害者にならないように、ここにその見分ける方法を記載します。本物の紙幣なのか、または偽札なのかは、下記の点を注意して見分けることができます。

左にあるユーローマークの下を光に当てると、本物紙幣には透かしが見えます。
紙幣の数字の上には、蛍光
のミクロチップが紙幣の中
に埋め込んであります。
UVランプで見ることが出来ます。
紙幣の下部を注意して裂き
ますと、本物はすぐには破れませんが、偽札は簡単に裂くことが出来ます
指先で紙幣の上部を触れま
すと、模様を手に感じるこ
とができます





偽札には、右にあります
銀色の輝きがありません


さらにより詳しく知りたい方は
www.ecb.int のサイトから、banknotes & coinsをクリックしてください。

   
(2005年5月13日 記載 )

  
INDEXに戻る