From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


観光・旅行情報

  ユーロー紙幣の偽札が多く発見されています:

スウェーデンは、今年国民投票でスウェーデン・クローネからユーロー貨幣の変換には、反対多数決で参加しないことに決定したが、ユーロー紙幣に取り扱いを慣れていない、国内の銀行や外貨交換所、時には商店で偽札を利用する旅行者達が多く、各地で100ユーロー紙幣が発見されている。

今年(2003年)11月末までに、すでに309件発見されている。これは昨年の284件よりも25件多く、警察はユーロー紙幣の取り扱いに注意をするように訴えると共に、発見した者は警察に知らせるよう国民に訴えてる。

100ユーロー紙幣の偽札発見方法は、中央にある偽札防止のために、紙幣の中に細い鉄線が二重なって組み込まれているが、これが外側に印刷されているのみであり、本物には鉄線が入っており手触りでわかる。

また、紙幣の右側には、透視のリングで100と記載してあるヘログラム・マークがあるが、偽札には印刷されているのみで、さらに明確なマークとなっている。

ユーロー紙幣はまだ利用されるようになってからあまり年数が過ぎていなく、ヨーロッパですでに利用されている国も多く、偽札を作る者が本物とおつり交換などする手口が多くなっており、特に旅行者に注意するように訴えている。
              
  (PC参照 2003年12月3日 記載)


参考までに偽札の見分ける方法を記載しまた。クリックしてください。

ユーロー紙幣の偽札の見分ける方法:

        INDEXに戻る