From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


Last Update: 2009/07/25


観光・旅行情報(2009)

 

 

昔の刑務所を改造した、ユースホステルの紹介:
 

ストックホルムの中心地の小さな島にある昔の刑務所を改造して、ユースホステルとして、日本人を含む多くのツーリストに利用されています。部屋の中では、囚人服のデザインの服を着て過ごすこともできるので、とても人気があります。

スウェーデンの北部に位置し、約11万3千人の人口を抱えている都市Umeå(ウメオ)があります。その街の中心地にあり、1861年に建設され、1981年に最後の囚人が出所した刑務所があります。
 

 元刑務所だった、ユースホステルの正面、建物は昔のままです。  明るく広い広場、ここで囚人たちは仲間とトランプなどをしていました。

 利用側には、個室が並んでいます。

 

当時にしては、モダンな設計で、個室には、普通に見られる高窓ではなく、鉄格子の大きな広い窓があります。
 

 頑丈な個室のドアー、  個室は二階もあり、中央階段で全体の監視ができるようになっていま    

 す。 南にある広い窓を通して、明るい日差しが差し込みます

 

寒い長い冬を迎える北部では、太陽に当たることが不可欠です。囚人たちの健康を維持するために、個室には全て外部に向けて窓が設置されている、全国でもユニークな刑務所でした。刑務所は1992年に、ウメオ・コミューンの所有となりました。1993年からユースホステル協会がユースホステルとして経営することになり、1994年に個室や建物内部の設備をそのまま残し、一部エレベータ等の設置をしたりと、明るいユースホステルに改造されました。
 

 囚人服、新入りはあたまからマスクをかけらる時がある  囚人を運送する時に使われたの皮の足かせ、大きな錠


この元刑務所は、現在ではユースホステルのみでなく、個室に宿泊しながら、会議や講習なども受けられるように、会議室などもあり、敷地内にあるバー付きレストランでは、明るい夏場を昔囚人たちが運動した庭園で、お酒を飲んだり食事もできます。

ユースホステルのサービスは、他のユースホステルとは全くことなり、枕カバーやベットシーツなども用意する必要なく、洗濯したての真っ白なシーツなどが用意されています。さらにバスタオル、そしてモーニングロックも部屋に用意されており、これでユースホステルなのかと、驚くほどきれいな部屋です。個室には昔の刑務所の頑丈なドアーがあり、安心して休むことか出来ます。

一度ぜひ訪問して、刑務所生活体験をしてみてはいかがでしょうか。

 

 手錠  刑務所職員の制服、右腕の所にある丸い金属製のものは、巡回記録をする器械

 

料金: (一部屋当たり一泊の料金)

シングル・ルーム Skr 380:-
ダブル・ルーム Skr 600:-
4人部屋、追加ベッド Skr 150:- Skr 800:-
家族部屋 Skr 600:-

 

     ( 2009年7月25日 記載 )

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)

 

              観光・旅行情報のINDEXに戻る