From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板



学 校 と 教 育 (2010年度)

   

EU加盟国以外の生徒は、2011年度から大学入学は有料:

 

スウェーデンは、小学校から大学院まで、すべての生徒に対して学費は無料でしたが、その制度も今年が最後となります。
 

外国から毎年多くの生徒が大学入学希望の申請をしてきます。一部ではそのために、スウェーデン人の生徒が外国人を優先する学校側の政策により、優秀な成績でありながら入学できず、学校側を差別扱いしたと訴えたこともあります。また、外国人生徒は無料で教育を受けながらも、スウェーデンに残り就職して税金を支払うなどの貢献もなく、国民の中には税金の無駄遣いだと、現在の無料制度を非難する投書も出るようになりました。

 

大学は学校の国際的なイメージアップを狙い、スウェーデン人の生徒よりも外国人の生徒を受け入れる傾向が高まり、その批判もだんだんとマスコミに取り上げられるようになりました。さらに経済不況により政府の教育予算の負担も大きくなったことにより、EU加盟国以外の大学および学院の生徒入学希望者には、本来の経費を来年から授業料として要求することになりました。一時は中国から大量に生徒が入学して、卒業後そのまま帰国したこともあり、以前から改善が要求されていました。

外国人大学生の教育費は、年間約600ミリオン・クローネです。
 

今年が無料教育最後の年なり、マスター課程のコーすのみでも、昨年の10 180人から、今年は22 808人と倍近くの入学希望の申請がVHS(仮名:大学入学検定協会)に提出されました。

国際コースでは、昨年の18 329人から今年は26 280人もの大幅な増加を示しています。大学入学希望者を受け付けているVHSの統計では、今年は全国で340 634人が申請、27万人以上の生徒が入学許可を受けました。大学関係者は、来年の外国人生徒の入学申請は、大幅に減少するだろうと予測しています。これは同時に大学の収入が減少することを意味しています。


大学授業料は、大学と希望コースによって授業料が異なります。申請手続き料は現在のところ、Skr 900:-となっています。ただし交換学生は、今後も授業料は無料です。

 

下記に参考までに、今年の入学申請が多い国を一部紹介します。

 

国 名 パキスタン ナイジェリア バングラデシュ エチオピア イラン
人 数 8 661 7 228 1 736 1 668 837

 

2011年秋より予定されている授業料は、例えばLund大学では、Skr 90 000:- から Skr 140 000:- 、Uppsala大学では、Skr 80 000:- から Skr180 000:- です。

 

さらに詳しく知りたい人は、下記のサイトを参考にしてください。

 

 http://vhs.se/

 

 

https://www.studera.nu/

 


   ( 2010年8月23日 記載 VHS 資料参照 )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


                 INDEXに戻る   前のページ      次のページ

無料カウンター