From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


社会ニュース( 特集 )

                    
SAAB自動車会社、会社不況により1300人の大幅人員整理:

スウェーデンの自動車会社Volvoに続く、SAAB会社は乗用車、トラック、バス等自動車部門の生産のみでなく、軍事関係機器の生産でも世界的にも知られており、特に戦闘機JASはその性能では、アメリカの戦闘機Fタイプにも競争力のある優秀な戦闘機として有名である。自動車部門は、販売成績が伸びず、1989年12月15日にアメリカのGMが、50%の資金投資をして、会社名も新しく長い歴史を持つ会社名、
Saab Scania ABから、Saab Automobile ABとなり、新しく乗用車会社を設立した。

SAAB自動車の販売は、1989年には102.000台の売上を記録しているが、13年後には125.000台の販売とほとんど延びてはいない状況である。

SAAB自動車会社の本社工場は、トロールヘッタン(Trollhättan)にあり、総従業員数は7.200人、この内不況による人員整理は1.250人と発表した。

生産部門800人、研究開発などを含む事務職員450人の人員整理が予定されている。今年度(2002年)半期で、約12億クローネの赤字となっている。

家族の多くが同一会社に勤務している環境にあり、一コミューンでこれだけの多くの社員が職を失うことは、コミューンの経済にも大きく影響をすることになり、国の援助対策が検討されている。

 (DN.LO.Metro.SVD等 参照 2001年11月30日 記載)
         

                            NEWS INDEXに戻る