From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


社会ニュース

                    
麻薬患者の死亡が増加:

2000年度に、93 516人が死亡、その内男性の麻薬患者の死亡率が、1987年度に比較して、167%の増加となり、29歳までの男性が最高数字を示した。

男女比較をすると、男性死亡が多いが、ここ数年女性の死亡率も増加している。1987年度に比較すると、78%との増加を示し、アルコールによる死亡率も増加している。

乳幼児の突然死の死亡率は減ってきており、2000年に25人の乳幼児が死亡したが、これは1987年度の94人の乳幼児の突然死の死亡に比較して大幅に減少した。

スウェーデン国内の、普通の死亡原因であった、心筋梗塞、心臓麻痺死亡は減少を続け、女性の死亡率は、1987年度に比較して37%、男性は43%の減少を示している。

現在はガン種痘による死亡が一般であり、4人に一人がガン種痘が原因で死亡している。また、肺ガンによって死亡する女性が、90年代に入って38%の増加を示している。  

(社会福祉局統計資料参照 2002年7月2日 記載)   

                            NEWS INDEXに戻る