From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


社会ニュース

 
高齢者の失業増加:


スウェーデン国内の失業者年齢層を見ると、55歳以上の失業者が増加している。

政府は退職年金増加による経済対策として、定年を現在の65歳から67歳に引き伸ばそうとしたが、国会の承認を得られなく、一時的対策として、67歳までの高齢者を採用する会社には、税金の一部控除をすることにした。

しかし、病気年金所得者や定年前の年金希望者の増加および高齢者失業により、対策効果はあまりない。

ちなみに、55歳で就職している者は80%以上であるが、60歳では62%となり、定年前の64歳ではわずか29%の就職者にすぎない。

(2001年12月5日 記載。数字は労働省統計より)

                        NEWS INDEXに戻る