From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


社会ニュース

 
スウェーデンのコミューンは、いくつ ?


コミューンとは、最小単位である地方行政の組織である。スウェーデンは歴史的にも地方行政の独立活動をしてきた国である。しかし、このコミューンも時代の流れによって、いろいろと変化をしてきた。そこで、簡単に過去の情勢を調べてみた。

1931年には、スウェーデンには、全国で2531もの地方行政をかたどるコミューン、それは物々交換した市場や田舎町などが小さな地域行政として存在したものであった。1946年に議会で、「コミューンとは最低3千人の住民が居ることを必要とする」基準を制定した。

それは、地方の少住民地区の合併を余儀なくさせられ、各地でコミューン同士の合併が地域を考慮して決められた。それ以後コミューンの数は少なくなり、1979年には過去の最低数字となった。現在は289のコミューンがあり、最後に制定されたコミューンは、ニイクヴァーン(Nykvaarn)コミューンである。

コミューンの数字:

1931年には2531コミューン。  
1971年には464コミューン。  
1979年には277コミューン。
1998年まで288コミューンがあった。
そして現在は289コミューンが存在する。

(KOM統計参照 2002年3月20日 記載)

                        NEWS INDEXに戻る