From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


社会ニュース

 
緊急車勤務職員も、警察官やカードマンと同様に、防弾チョッキを勤務中は着用:

南部地区にある都市、ヨーテボルグ(Göteborg)コミューンの消防署に勤務する救急車勤務職員は、警察官やカードマン同様に、緊急車勤務中は、防弾チョッキを着用することになった。

その理由は、時には喧嘩やグループ闘争の中に入ってけが人を救助しなくてはならないが、その時にナイフや拳銃などを所持しているものが多くなったきたことから、職員の身の安全を守るためという。

この防弾チョッキは、緊急職員の勤務状況から、救助活動に不都合であってはならないことから、警察官が着用している防弾チョッキよりは、幾分軽く、軽い拳銃で銃撃されたり、ナイフで刺してくる程度は、防御できるものである。

同消防署職員の安全管理委員ホーカン・パルュシュ(Håkan Pers)は、、「時には職員がいかに生命の危険にさらされているか、一般の人たちは知らないが、月給16,792クローネの低給料職員の生命を救うための投資として必要である」と言っている。

(KMA nr2/02参照 2002年2月9日 記載)

                       NEWS INDEXに戻る