From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


社会ニュース (2003年度記事)

 
ストックホルム県の多くのコミューンは赤字経営:  

ストックホルム県には、26のコミューンがあるり、その内17コミューンは予算オーバーし、一部では選挙の公約に違反して増税をしたが、それでも赤字経済を来年も迎えなくてはならない。

しかも、この増税は、過去25年の内最高の像税率であるにもかかわらず、来年のコミューンの経済は暗い見通しである。

5コミューンでは、今年の増税に引き続いて、来年度も増税をしなくては経営が成り立たず、例えばシグツゥンナ(Sigtuna)コミューンは、昨年75オーレの増税をし、さらに今年30オーレの高増税をしたばかりである。

県税増税1クローネ95オーレを含めると、この2年間で3クローネの増税となり、アーランダ空港の利用客が減少し、税金の収入は大きく予算を下回り、厳しい状況で、大蔵大臣に政府の援助要請を陳情をすることになっている。

県の調査によると、社会経済不況が大きく影響しているのみでなく、会社の人員整理などによる失業者の増加により、失業手当てが大幅に増加、経営困難に拍車をかけているという。


     (SLL 資料参照 2003年12月12日 記載)            

               

                            NEWS INDEXに戻る