From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板



社会ニュース(2012年度)

 

 

スウェーデンの赤十字社経営困難で大幅に職員削減と、地方の一部事務所の閉鎖:

 

スウエーデンの赤十字社は、職員の募金横領問題、職員の高給と手当、不正行為など各種の国民の信頼を無くす事件が発生し、国民の募金は極端に減少しました。

 

今迄は市内の歩道で、赤い赤十字のマークをつけた空き缶に、市民がお金を募金してくれるように、カラカラト鳴らしながら募金運動をしているのを見かけましたが、今では職員やボランティア活動者の前を、素通りする人がほとんどです。

 

数年前に発生したタイの津波の時には、市内のあちこちで立って募集している缶の前を通る人達が、お金を提供しているのが見かけられました。しかし、続いた不祥事件が暴露され、国民の信頼はなくなり、全国で募金する金額は極端に減少し、経営困難となりました。その対策として約70人もの職員の人員整理をすることになり、さらに全国にある16箇所にある事務所の内、12箇所の事務所を閉鎖することにしました。閉鎖した地域では、今後はボランテイア活動に依頼することに決定しました。

 

また赤十字社に登録していた会員も、一昨年には4万4千人の会員、そして昨年には2万8千人の会員が退会しました。赤十字社にとっては、これだけの会員が減ることは、路上で立って募集活動する人員が大幅に減少し、さらに電話で勧誘していた職員を含むボランティアインが減って、募集活動に大きな支障をきたすようになったのです。

 

Grupp människor med rödakorsmärken på ryggenちなみに、赤十字社(せきじゅうじしゃ)とは、スイス人実業家ヘンリ・デュナン(Henry Dunant)の提唱により創立され、組織的には

「ジュネーヴ条約」とこれに基づく国内法によって、1863年に特殊な法人格と権限を与えられた団体です。世界187各国にあり、会員は約9700万人と言われています。
 

「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」の7原則を掲げて、世界各国に存在する人道的活動団体です。

 

スウエーデンの赤十字社は、1865年に創立され、全国に約1100の地方団体があり、3万人のボランティアが登録されており、300の地方集会所があります。この活動を運営するために、12か所の事務所に正職員が70人が勤務しています。これらの事務所と職員が整理されることになりました。

 


   ( 2012年5月1日 記載 DN 資料参照 )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


               NEWS INDEXに戻る     前のページ     次のページ

無料カウンター