From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板



社会ニュース(2011年度)

 

 

スウェーデンの年金シリーズ:

 

その2: オレンジ色の封筒:

 

今年も1938年以後に出生した190万人の年金所得者に、1月各家庭にオレンジ色の封筒が届きます。また22日から312日の間に、 年金所得授権者に、将来年金を取得するようになった時、現在の制度で毎月の年金予想金額が記載してあり、合計550万人が受け取ります。あくまで予想であり、正確な数字ではありません。 また年金を貯金しているフオンドの種類と金額も記載されています。

すでに年金者となっている場合は、 昨年度受領した年金と支払った税金、及び今年毎月受領する各種年金の予定金額が記載され、差し引かれる税金額も明記されています。また出生日によって年金を受け取る期日が異なるために、本人の年金支払い日も一年を通 じて記載されています。

 

年金の全国平均は100kr  =  ¥ 1 300

 

年金の平均収入額     217 142:-
保障年金平均額   37 917:-
賃金比例年金平均額    738 195:-
プレミアム年金平均額     42 537:-
65歳時に受領できる平均年金額  11 567:-

 

 

下図は、地域ごとの今年オレンジ色封筒配送予定日と配送数:

 

配送期日

地域と授権者の種類

概算

12 – 17 jan

年金者

  935 000

31 jan – 4 feb

Västmanland, Dalarna, Gävleborg, Västernorrland, Jämtland, Västerbotten, Norrbotten

  900 000

7 – 11 feb

Uppsala, Södermanland, Östergötland, Jönköping, Kronoberg, Kalmar

 1 000 000

14 – 21 feb

Stockholm

 1 150 000

22 – 25 feb

国外年金授権者

  200 000

28 feb – 4 march

Västra Götaland, Värmland, Örebro

 1 170 000

7 – 11 march

Skåne, Blekinge, Halland, Gotland

  930 000

14 - 15 mach

全国の新規プレミアム年金貯蓄者、

  150 000

 

ちなみにスウェーデンの年金は、バランスシート計算にも基づき2年続いて削減され、2010年に国会とコミューンの総選挙があり、選挙前の年金削減必要性、年金公約など、マスコミを含めていろいろな議論がなされたが、内容は一般国民には理解しがたいものでした。そのため年金協会は、特別に今年のオレンジ封筒に年金削減などについて説明した書面を同封し国民の理解を得ようと努力しています。

 


   ( 2011年1月26日 記載  SPM 報告書 資料参照 )


 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


               NEWS INDEXに戻る    前のページ     次のページ

無料カウンター