From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板



社会ニュース(2011年度)

 

 

スウェーデンの年金シリーズ:

 

その1: スウェーデンの年金削減:

 

日本にかぎらずいづれの国でも、政治家の約束ほどあてになるものはないかと思 います。日本では時々、スウェーデンの年金者は将来の生活保障がされており、安心して老後の生活ができるなどと記載されていることがあります。ある意味では間違いではありませんが、全ての年金者が幸せとは限りません。

 

年金所得の高い定年者は、サマーハウスやヨットを持ち、確かに優雅な生活をしている者もいますが、独身者や結婚後子供を育てるために、働くことがあまりできず、定年になった高齢者は、少ない年金で、ぎりぎりの生活をしている人も多いです。外食や観劇をしたりとか、夏休みにどこかに旅行するなどは、経済的に余裕がなく長い間してない人が意外と多いです。日本で言われているほど、全てのスウェーデンの年金者が幸せとは言えません。

 

「ストックホルムのホームページ」では、スウェーデンの年金制度について、シリーズとして記載していきます。

 

1999年に改革された年金制度は、国民の意見を一切無視して政党の政策で実施されたものです。経済事情が良い時代にはこの新しい年金制度は 、ある程度効果を示したかにみえましたが、ここ数年続いた不況で、ついに賃金比例年金(Inkomstpensionen)を4.3% も削減しました。

政府は国民の強い抗議を気にしてか、最低保障年金(国民基礎年金、Garantipensionen )を0.9% を上げましたが、実質的には受け取る年金が減り、0.9%上げても「雀の涙」にもならず、年金者の強い批判を受けています。

 

さらに今年の初めに、国会議員の給与を上げ、新政府は3人の新しい大臣を捏造しながら、一方では国民に対して、財政節約をしなければならないと報告しています。その一例が、数か国の大使館及び領事館の廃止です。これについては、他のページにて記載いたします。

 

このページでは、実際の数字を例として記載し、昨年度(2010年)と比較して、2011年に受け取る年金を表示します。また、日本語による「スウェーデンの年金」に関する、いろいろいなサイトがありますが、時には誤解?あるいは記載間違いなどが見かけられ、ここでは可能な限り、スウェーデンの年金協会等の資料をそのまま記載いたします。

 

下記の表は、年金協会が2010年10月12日に公開した資料です。

 

1. 下図は2011年度に支払いを受ける年金例で、独身者で1938年またはそれ以後に出生した定年者を対処:

  図に記載する年金の日本語名は、サイトによりいろいろな名前が記載してあり、最も利用されている訳としました。

  

   Inkomst-/tilläggspension = 賃金比例年金/付加年金    Garantipension = 最低保障年金

     Tjänstepension =  所得比例年金     Skr 100:- =  ¥ 1 300
 

 

水準 2010 (kr)

水準 2011 (kr)

変更 (kr)

賃金比例年金/付加年金

0

0

0

最低保障年金

7 526

7 597

71

所得比例年金

0

0

0

合計、税込

7 526

7 597

71

受領年金額

(税金31,56 % )

6 191

6 432

241

 

 

 

 

賃金比例年金/付加年金

5 000

4 787

-213

最低保障年金

2 811

2 962

151

所得比例年金

750

750

0

合計、税込

8 561

8 499

-62

受領年金額

(税金31,56 % )

 

6 899

7 078

179

 

 

 

 

賃金比例年金/付加年金

10 000

9 574

-426

最低保障年金

411

665

254

所得比例年金

1 500

1 500

0

合計、税込

11 911

11 739

-172

受領年金額

(税金31,56 % )

9 192

9 397

205

 

 

 

 

賃金比例年金/付加年金

12 000

11 488

-512

最低保障年金

0

0

0

所得比例年金

1 800

1 800

0

合計、税込

13 800

13 288

-512

受領年金額

(税金31,56 % )

10 484

10 507

23

 

 

 

 

賃金比例年金/付加年金

15 000

14 361

-639

最低保障年金

0

0

0

所得比例年金

2 250

2 250

0

合計、税込

17 250

16 611

-639

受領年金額

(税金31,56 % )

12 742

12 794

53

 

2. 下図は2011年度に支払いを受ける年金例で、独身者で1937年またはそれ以前に出生した定年者を対処:

 

 

水準 2010 (kr)

水準 2011 (kr)

変更 (kr)

賃金比例年金/付加年金

0

0

0

最低保障年金

7 708

7 780

72

所得比例年金

0

0

0

合計、税込

7 708

7 780

72

受領年金額

(税金31,56 % )

6 315

6 563

248

 

 

 

 

賃金比例年金/付加年金

5 000

4 787

-213

最低保障年金

2 691

2 977

286

所得比例年金

500

500

0

合計、税込

8 191

8 264

73

受領年金額

(税金31,56 % )

 

6 646

6 910

264

 

 

 

 

賃金比例年金/付加年金

10 000

9 574

-426

最低保障年金

433

645

212

所得比例年金

1 000

1 000

0

合計、税込

11 433

11 219

-214

受領年金額

(税金31,56 % )

 

8 865

9 025

161

 

 

 

 

賃金比例年金/付加年金

12 000

11 489

-511

最低保障年金

0

0

0

所得比例年金

1 200

1 200

0

合計、税込

13 200

12 689

-511

受領年金額

(税金31,56 % )

10 074

10 078

4

 

 

 

 

賃金比例年金/付加年金

15 000

14 361

-639

最低保障年金

0

0

0

所得比例年金

1 500

1 500

0

合計、税込

16 500

15 861

-639

受領年金額

(税金31,56 % )

 

12 251

12 281

30

 

結婚者である定年者の場合は、最低保障年金が水準よりもわずかながら少ない。

 


   ( 2011年1月25日 記載  SPM 報告書 資料参照 )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


               NEWS INDEXに戻る     前のページ     次のページ

無料カウンター