From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板



社会ニュース(2010年度)

 

 

スウェーデンは理想郷ではない:

 

日本の週間朝日の記事に、興味のある投稿があり、その記事の内容に対しての多くのプログが公開されていました。

 

下記にその記事を紹介します。

 

2010年平成22年7月21日水曜日 朝日新聞 声

小学校教員 フス恵美子
スウェーデン 39歳

 

スウェーデンは理想郷ではない

 

「毎年一時帰国するたび、日本で、福祉大国の理想郷としてスウェーデンが語られることを苦々しく思っています。税金が高く、『高負担』は確かですが、『高福祉』には疑問点も多く、日本よりはるかに優れた社会という見方には賛同できません。例えば、就学前の『幼児教育』は存在しません。大多数の公共保育園は、預かった子どもの安全を保障するのが仕事で、資格を持たない人が数多くいます。小学校入学前に6歳児教育が1年間ありますが、イスに座る、鉛筆を持つ、アルファベットを書くというレベルです。『将来への安心から貯蓄が不要』というのも、誤った解釈です。国民の多くは不安を抱えています。

 

年金は物価や税金の高さからすれば、十分な額とは言えず、銀行は『将来、年金では暮らせません。若いうちに蓄えましょう』と積立預金を呼びかけています。

しかし、月5万円のパート収入ですら3分の1を税金で持っていかれ、最高税率25%の消費税。住居・光熱・医療費・保育料も高く、普通の家庭ではお金が残りません。国民の多くは『可処分所得が少ないから貯金できない』のが現実です。 若者の犯罪増加、就職難、麻薬や性病の蔓延。さらにフルタイム労働で疲れ切った母親、冷凍物ばかりの夕食。これらが理想郷でしょうか。」


この投稿は、まさに理想郷とされているスウェーデンの陰の部分を指しています。日本の新聞や雑誌は、「恵まれた福祉」「幸せな高齢者」など、政府の宣伝そのままを掲載しているものが多いと感じます。確かに、水準以上の給与や高額な年金を得ている人たちの中には、そのような余裕のある生活をしている人も多いです。

しかし、スウェーデンは離婚率も高いことから母子家庭も多く、生活保護を受けている者は高齢者に限らず、若者にも多いのが事実です。また、外国移民者の失業率は50%を超えており、ほとんどが生活保護を受けています。

現在の政府は、公共機関を民営化すれば価格競争が必至であり、電気や公共交通費も安くなると国民に宣伝してきました。ですが、現実には電気料金は高騰し、郵便局のサービスも低下、さらに、国鉄では職員を大幅に削減したために路線管理もままならず、今年の冬には電車の運行が何日も停止しました。
一般職員の増給に反対しながらも、社長をはじめ幹部職員は赤字にもかかわらず給与を上げ、ボーナス支給を受けました。ちなみに、一般職員にはボーナス支給のシステムはありません。


このように矛盾した社会の現状について、日本のマスコミはほとんど報道しません。皆さんが素晴らしいと言われている高齢者施設で生活できる高齢者も、全体から見ればとても少なく、在宅介護を受けている人がほとんどなのです。


 

山口増海氏のブログより:
 

2010年9月5日日曜日

スウェーデンは福祉国家の理想像か

 

8月18日のテレビ朝日の朝の番組でも、スウェーデンが、福祉国家の見本のように報道されていました。これまで、わたしは2度ほどストックホルムを訪れましたが、深くスウェーデンを知るに至っていませんので、福祉国家の理想像か否かを語れる立場にありません。人口が920万人、人口密度が20人/kuと広い国土に、少ない人口のイメージです。当時は、家電大手のエレクトロラックスに商談に行きました。フィンランドと同じく少ない人口で、各国に大使館を置いたりしないといけませんので、固定費が高くつくなと感じたものです。したがって、税金の高いのも分かります。それで、果たして福祉国家が実現できるのでしょうか。

 と思っていますと、週刊朝日の8月20日号に「福祉大国スウェーデンは『理想像』ではありません」という見出しで、書かれていました。


現在、日本在住の日本人(女性)が次のように語っています。
 「高負担だが、高福祉の理想像と信じてきたひとり。この国の男性と結婚して13年。理想とかけ離れた現実に驚かされる。収入の3分の1が税金。消費税率は最高25%なのに、医療費は安くない。歯科診療は、1万円を下らない。

 教師の位置付けも高くなく、以前勤めていた小学校では、教員免許を持っていたのは、1人だけだった」と話していました。

 また、完全な個人主義で、夫婦といえども自分の収入は、自分で稼がないといけません。親は、どこも共働きで、母親は手料理を作る暇もなく、「うちのお母さんは、包丁の使い方も知らない」と話すこどももいるようです。

 「バリヤフリーや聴力視力障害者のケアは進んでいるが、それ以外の障害者や老人は切り捨てられている。スウェーデンを過剰に理想視するのは現実に即しているとは思えない」と13年間住んだ経験から述べています。これが、現実なのでしょう。人口がそれほど多くないから出来ることもあるのでしょうが、小国といえども国体を維持しないといけませんので、そのための固定費もかかるはずです。通り一遍の調査で、スウェーデンのような高福祉国家を目指すには、消費税も25%程度に上げ、所得税ももっと上げねばという財務省の役人に毒された国会議員や首相もいます。非常に危険なことだと思います。高福祉国家は、望みませんから、せめて約束した年金などは、きちんと払ってほしいものです。

 

また他の投稿では:

 

 これは朝日新聞からの読者の投稿である。

 

朝日新聞の読者の声欄に、スウェーデン籍の小学校教員「フス恵美子」氏の投稿が載った。
「スウェーデンは理想郷ではない」という表題に引き込まれて読んだ。

―― 毎年一時帰国するたび、日本で、福祉大国の理想郷としてスウェーデンが語られることを苦々しく思っています。税金が高く、「高負担」は確かですが、「高福祉」には疑問点も多く、日本よりはるかにすぐれた社会という見方には賛同できません。
 

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

例えば、就学前の「幼児教育」は存在しません。大多数の公共保育園は、預かった子供の安全を保証するのが仕事で、資格を持たない人が数多く働いています。小学校入学前に6歳児教育が1年間ありますが、イスに座る、鉛筆を持つ、アルファベットを書く、というレベルです。
「将来への安心から貯蓄が不要」というのも、誤った解釈です。国民の多くは不安を抱えています。年金は物価や税金の高さからすれば、十分な額とは言えず、銀行は「将来、年金では暮らせません。若いうちに蓄えましょう」と積立預金を呼びかけています。しかし、月5万円のパート収入ですら3分の1を税金で持っていかれ、最高税率25%の消費税。住居・光熱・医療費、保育料も高く、普通の家庭ではお金が残りません。国民の多くは「可処分所得が少ないから貯金できない」のが現実です。
若者の犯罪増加、就職難、麻薬や性病の蔓延。さらにフルタイム労働に疲れきった母親、冷凍者ばかりの夕食。これらが理想郷なのでしょうか。 ――

ある国の実像というものは、一部分だけ見て全体像が判断できるものではない。
日本は総じて均質と見られているがそれでも、東京の真ん中と地方の田舎では一色では語れないように、どこの国においてもさまざまな模様を見せるのだと思う。

メディアによく取り上げられる福祉が行き届いたスウェーデンの姿は、嘘ではないだろう。
特に教育費、医療費、子育ての費用は、こんなものまで無料になるのかと驚いたという現地での体験談が多い。
高負担を国民はおおむね「自分の将来や子どもに返ってくるものだから」と是認していることも理解できる。その政策を進める政権が一応支持されているのだから・・・。
総じて、スウェーデンが福祉大国という顔に偽りはないのだと思う。

だが、「住民全てに平等な社会サービスの実現」という理念は、税金と社会保険料負担がGDP(国内総生産)の50%にも上り、財政難を招いている。
世界的な経済危機がスウェーデン経済に暗い影を落としており、カネが追いつかないのが現状だと言われる。
自治体によっては、財政が逼迫してサービスが低下していることもあるようだ。

たぶん、フス恵美子氏が投書で語る状況は、同じような生活実感を感じている人がスウェーデンの中で少なからずいるのではないかと思った。当たらずとも遠からずなのかな、と妙に納得してしまう。
異なった見方や意見があるのはむしろ普通で自然なことだ。

スウェーデン方式は、「高福祉が公的部門の肥大化をもたらし、財源である税負担が増加する。福祉国家は経済効率が悪い」という批判がある。
スウェーデン型が良い、いやアメリカ型が良い、といろいろな見方がある。
ただしひとつだけいえることは、将来の世代につけを回さないことだ。
現在、日本の福祉が比較的良いのは、自分たちで負担しないで子孫に負担を先送りしているからだと言える。

 


   ( 2010年12月26日 記載 週刊朝日、プログetc 資料参照 )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


               NEWS INDEXに戻る    前のページ      次のページ

無料カウンター