From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板



社会ニュース (2010年度)

 
40歳以上の女性にベビーブーム:

 

スウェーデンの女性就職率が高い事は良く知られています。

 

当然独身女性の平均年齢も高く、結婚年齢も高くなります。そのため最初の子供を出産する年齢が毎年上がっているなか、キャリァーウーマンと呼ばれる職業女性たちを含めて、子供を出産する年齢が高くなっています。

 

今では40歳代の女性が子供を出産するのは、珍しいことではありません。

  • 40歳代の女性が出産した、ストックホルムと全国の年度別比較:
     
     ストックホルム

    出 産 数

      全 国

    出 産 数

     1989年

    691

     1989年 2 718
     1999年

    849

     1999年 2 848
     2009年

      1 840

     2009年 5 392

 

少子化傾向にある日本とは反対に出生率は増加、2009年度には女性一人当たり1.94%となり、今年2010年は女性一人当たり2.1%となると見られています。1991年代は2.12%にもなっていたこともあります。

 

それでは現在、両親が初めて子供を持つ年齢層はどのくらいなのか:

 

2005−2009年の統計をみると下記の表のようになっています。数字は平均年齢。

  1. 最初の子供を出産した若い女性年齢層と、若い男性の年齢層:コミューンごとの比較
     
     女性の最初の子供出産年齢  男性の最初の子供を授かった年齢
     コミューン

    年 齢

     コミューン

    年 齢

     Dorotea 24.6  Överkalix 28.3
     Bjurholm 25.6  Hofors 28.8
     Överkalix 25.7  Dals+Ed 29.0

     

  2. 最初の子供を出産した高年齢の女性層と、高年齢の男性層:コミューンごとの比較
     
     女性の最初の子供出産高年齢  男性の最初の子供を授かった高年齢
     コミューン 年 齢  コミューン 年 齢
     Danderyd 32.0  Danderyd 33.9
     Lidingö 31.5  Lidingö 33.8
     Vellinge 31.3  Täby 33.3

全国平均では2009年度で、最初の子供を出産した女性年齢が28.9歳、男性の最初の子供を授かった年齢は31.5歳となっています。

 

ちなみに平均寿命の年齢は、女性が83.1歳、男性が78.9歳で、1900年代の初期における平均寿命年齢が

60歳前後と比較して、平均寿命の年齢が大幅に高くなった事を示しています。

 

出産率が増加していることは良いことですが、女性の初産年齢が高くなり、その子供が成長して働くようになるころ、その両親は高齢となります。

その間の労働者による納税と、高齢者の看護や介護の対応にギャツプが発生することになり、こうした問題を今後どのようにされ解決していくのか大変に興味ある所と言えます。


   ( 2010年6月3日 記載 SCB 各種資料参照 )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


               NEWS INDEXに戻る    前のページ      次のページ

無料カウンター