From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
 
ミニ情報 リンク集 掲示板


 


社会ニュース (2007年度記事)

    
スウェーデンの高齢者は幸せか: その2.税金事情: 

高社会福祉を維持するには、社会経済が豊かで、国の税収入が多いことが必要条件となります。今回は、その税金について紹介します。日本でもスウェーデンの税金システムについて多くの本に書いてあます。ここでは、定年となり年金生活をしてている高齢者に、高税金の影響はどのようになっているのかを記載します。

まず実例で、年金について記載します。
 
エーリックは今年65歳となり、長年勤務していた会社から定年退職しました。彼の手元には、年金支払いがされるようになり、各種の書類が国や年金保険会社から届きました。

ちなみにエーリックの勤務中の給与は、スウェーデン国内で平均給与より中程度以上でした。いわゆる中級上の位置になる給与所得を得ていました。50年を超える古い一軒家を持っています。その年金を記載します。下記の数字は月額でスウェーデンクローネです。
 
年金支給元 年金 税金 手取り
FK(国民年金会社)   11000:−   2605:−   8595:−
KPA(年金保険会社) 1211:− 363:− 848:−
AMF(年金保険会社) 463:− 138:− 325:−
PPM(年金保険会社) 126:− 38:− 88:−
ALECTA(年金保険会社) 535:− 160:− 375:−
合計     10231:−

この年金所得から、アパート代、ローン、生活日常必要経費(電気、水道、ゴミ処理費、電話、新聞など)、不動産税、家屋税などを差し引いた残りの金額が食費等に当てられます。普通の生活で手元に残るのは、Skr 1000:−以下です。夏に旅行などすれば、その後は節約生活をしなければなりません。

ちなみに、エーリックが所有する家の不動産税、家屋税は、市場価格の1%で、エーリックの場合は、国税庁が定めた市場価格は、 2006年度計算ではSkr 2,100,000:−で、税金は、Skr 21,000:−です。 さらに家を所有することによる財産税が、市場価格が3百万クローネ以下の場合は、年間1.5%の支払いをしなくはなりません。エーリクの場合は、Skr 31,500:−となります。

結婚後職場を退職し、育児に専念しなんらの職業にも就くことのない生活を過ごしてきた、老婦人の年金は、 国民年金最高補償額は、現在月額Skr 6994:−です。これよりも少ない年金受給者はたくさんいます。これらの年金受給者は、コミューンから何らかの生活補助金、または住宅手当を受けています。その金額もみコミューンによって異なります。

      ( 2007年6月12日 記載 資料参照 FK )    

          NEWS INDEXに戻る       前のページ      次のページ