From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
ミニ情報 リンク集 掲示板
 

社会情報 (2005年)

                    
スウェーデンは、民主主義で、全ての人に平等??
その6: 住宅差別


一般家庭の住宅は、日本のスタンダードに比較すると暖房設備なども含めて、水準は高いです。

しかし、すべての住宅やアパート、学生寮が高い水準をもっているのではありません。時には日本でも考えられないほどの低い水準、または悪い部屋を、学生や低収入の人に貸しているところもあります。

その一例を記載します。スウェーデンの南部地区、マルモには外国人が非常に多く、労働者階級の人達が多く住んでいる地区があります。この地区のあるアパートに住む学生の部屋は、わずか16m²
と、スウェーデンでは基準以下の小さな部屋です。

ここの家賃は一ヶ月Skr 2500:−(日本円約 37 500円)と高く、11人の生徒がひとつのトイレと、一箇所のみのシャワーを共同使用しています。学生の中には、なんとたったの7
m²の一部屋に住んでおり、その家賃はSkr1600:−です。ストックホルムの都心ではあり得ないことですが、地方でもわすかm²で、これだけの家賃を取り上げる家主は少ないです。

学生達が経済的に裕福でなく、アパートを探すことが困難であることを良く承知して、つまり足元を見た非常識的な行為です。それでも学生達は、他に住むところがないからと我慢しています。それに対してコミューンはなんらの対策も取ってはいません。

ストックホルム・コミューンでブルンマ(Bromma)地区の、あるアパートの部屋の中の壁は剥がれて落ち、地下室にある洗濯場は湿気でもぐさが生えており、一度も掃除がされていないと言います。それでも家主は改造や改修をすることはなく、住民の取り扱いが悪いから修理の意味がないと何もしません。

また子供を持つ家族は、わずか24m²
の狭い部屋に住んでいます。住民の多くは湿気でアレルギーとなり生活にも影響していると抗議していますが、なんらの対策はされていません。家主が電気料金と水道代金の支払いを時々しないことから、電気はなく水道も出ない時があるといいます。

住民の多くは低収入で、家賃の高いアパートやマンションには移動できないといいます。法律で定める最低の文化的生活の最低基準以下のアパートにも拘らず、コミューンや行政機関は何もしません。貧乏人は相手にされないということなのでしょうか。

                

   
( VB 2005年1月22日 記載)

 

     INDEXに戻る          前のページ       次のページ