From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


ご存知ですか?ミニ情報

                        
夜中にトイレに何回も行く人への悩み解決:

日本人とか、スウェーデン人とかに関係なく、男女含めて、夜中に何回もトイレに小用足しにいくなくてはならない悩みを抱えている人は、意外とおおいものです。

これらの人たちの悩み解決として、今は薬品があります。一般に40歳以上で特に女性に多く、スウェーデンでは二人に一人はその悩みを持っているといわれています。症状は人によってことなりますが、夜中に最低4−5回ほどトイレ通いが必要な人も多いです。これは、高齢ととこも増加していますが、これらの原因はホルモンによるものであるとこは、すでに知られています。

少なくてモ約4万5千人の人が、このホルモン障害により、夜中にトイレに通わなくてはならない障害を持ち、医師の治療をうけていると医学機関紙に掲載されています。

これは、ADHと言われる、ホルモンが低いことから発生するものです。このホルモンは、腎臓が水分を分離する活動を阻害するために、体内の水分が以上に多くなり、夜中でも何回も小用を足しに通わなければならなくなるものです。

その解決方法として、子供が夜中に小便をする癖が治らないときに投薬する薬、desmopressinが大人にも効果があります。夜中に何回もおきなくてはならないのは、熟睡をさまたげ、精神的な疲労が増加し、仕事や社会生活にも大きく影響するものです。

いびきをかく人にも、これらの症状がみられ、腎臓の水分の分泌のコントロールが十分に活動しない障害を持っているといわれ、このADHホルモン剤で解決できるといいます。そうした悩みを持つ人は、一人で悩むことなく、一度医師と相談をするようにと推薦しています。

(医学機関紙参照 2002年6月11日 記載)

                                 INDEXに戻る