From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


ご存知ですか?ミニ情報

                        
痴呆症になるか、その検査方法は糖尿病検査??

スウェーデンのある病院の検査によると、痴呆症障害を持っている高齢者の過去の病気を追跡調査したところ、60%以上の痴呆症高齢者が過去に糖尿病であったことが判明した。

それは、糖尿病を早期検査することにより、将来痴呆症になる可能性を事前に把握することが出来ることになる。医学博士クリスチャン・ベンネ(Christian Berne)は、40歳以上の者は、糖尿病検査をすべきであると言っている。

糖尿病検査は簡単であり、また自己診断をすることにより、ある程度知ることができる。スウェーデンでは、年間約10万人が本人が知らないまま、糖尿病にかかっているといわれている。そのため、多くの医者は全国的な定期検査をすべきであると提唱している。

詳しくは、福祉情報、痴呆症についての「
糖尿病と痴呆症との関連」をクリックしてください。

(医学会機関紙、EX参照 2002年6月25日 記載)

     INDEXに戻る