From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板





ご存知ですか?ミニ情報 (2010年)

   

ストックホルム市内に、イノシシが出没:

ストックホルムは豊富な水にめぐまれ、多くの島と自然に囲まれた、都心として美しく素敵な町です。多くの観光客も訪問し、落ち着いたたたずまいの町並みを堪能しています。しかし、この自然に恵まれている環境を楽しんでいるのは、人間ばかりではありません。

 

ここ数年小鹿、野兎、穴熊など動物たちも、町を訪問するようになりました。確かに小鹿は見た目可愛いい動物ですが、公園や庭にある植木の新芽を食べてしまい困っています。最近ではイノシシもあらわれるようになり、芝生を掘り上げたり、庭に穴をあけたり、球根などを食べてしまい、市民の悩みの種となっています。それによる公園の維持費もばかにはなりません。

 

小鹿は、まだ子供や大人も可愛いからと、あまり不安を感じてはいませんが、イノシシは多くの人が不安を感じ恐れています。本当はイノシシの方が人間に対して不安を感じているものであり、餌を求めて公園や庭に出てくるのは、人間のいなくなる夜です。

 

しかし住宅地では、ごみ入れの箱をひっくり返されたり、中身を周囲に食い散らかしたりと苦情が絶えません。狩猟するにも人が住む住宅地では、人に危険なので銃で撃つこともできません。

 

もともとスウェーデンでは、イノシシはずいぶん昔に食糧として大量に捕獲したために、撲滅していたものです。

1970年代にトローサ(Trosa)の保護地区で、イノシシを飼育していたものが、逃げて年々増加してきたものです。今では、動物協会の調査では、約15万引き生存していると言われています。森にすんでいたイノシシが増えたことにより、食糧難となり、食物を求めて人間社会の町まで出てくるようになったものです。

 

イノシシは、大きくなると体長185cmにもなり、背丈は1メートルにも成長します。

 

ストックホルム市内でも見られる、動物たち:

 

新しく出来た、イノシシに注意の道路標識:

 

 


   
( 2010年7月13日 記載   )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


 

              INDEXに戻る       前のページ        次のページ