From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板





ご存知ですか?ミニ情報 (2010年)

   

ゴミを捨てると、1000:−kr の罰金:

 

ストックホルムを訪問する観光客は、綺麗な水の海、多くの島、素敵な古い建物などを見て、とても美しい町だと言います。前や上、横を見ている限りとても美しい町です。しかし足元を見ると驚きます。一足横道に入ると、公園にも道路にも、歩道にもゴミがいっぱいです。ゴミ箱はゴミの山で一杯で、カラスが餌を求めてつつき周囲に散らかしています。
 

多くの観光客が訪れる、スウェーデンの首都に限らず、ヨーテボルグやマルモその他の地域を訪問して、何時も目にするものがあります。それはゴミがどこにも捨てられている事です。

公園や町の道路のみでなく、海岸沿いにも、海水浴場などにもたくさんのゴミが捨ててあります。15年から20年程前などは、町の中を歩いていても、捨てられているゴミはあまり見かけられませんでした。

 

日本からの観光客が市内を歩いて、たばこの吸い殻、バナナの皮、ガム、ビールなどの缶や瓶などが、あまりに多く捨てられているのに驚きます。公園や芝生のある広場で音楽祭なとが催しされると、その後はゴミの山です。

 

市民は理解できないほどマナーが悪く、自分のゴミを持って帰ったり、ゴミ箱に入れて後片付けをしていく人は、ほとんどいません。天気の良い日に、ビクニックに来る家族連れや、若者たちが帰った後は、何時もゴミの山です。

 

 

 

暖かい素敵な夏の夜の後には、下着やコンドームも捨ててあるのは珍しくはありません。

コミューンが掃除するものという考え方なのかも知れません。地下鉄、ローカル線の駅にもゴミは捨ててあります。

 

また、落書きも多くコミューンの清掃費の費用は、毎年何ミリオンクローネです。環境法では、ゴミを捨ててはいけないと規定していますが、誰も気にする人はいません。

 

 

あまりのひどさに官庁は、ゴミ捨て監視員を採用し、現場を見つけた場合は罰金を科せる事にしました。今月に入りすでに二人が罰金の支払いを命じられました。注意をして、持ち帰えったり、ゴミ箱に入れた場合は大目にみていますが、、捨てたゴミがあまりにひどい場合は罰金支払いとなり、一律 Skr 1000:−です。

 

 

市民の中には、そこまでしなくてもと言う意見もありますが、誰も後片づけをしなくて、町は汚れ、コミユーンの清掃費が多くなるばかりでは仕方ないことかもしれません。東京の地下鉄内の綺麗な駅を見たら、市民は何と感想を述べるのかと興味のあるところです。

 

市内の各場所には、写真のようなゴミのより分けして、捨てられるコンテナーがあります。家庭で発生する新聞、瓶、缶、段ボールなどを捨てることが出来ますが何時も一杯です。

 

市民はコミューンが定期的に、コンテナーの整理して搬送しないからだとも説明していますが・・。

 

町のゴミは、まだしばらくは見かけられることだろうと思います。

 

参考:

環境法には、建物の外で公共の場所にゴミを捨てた者は、罰金もしくは一年以下の懲役に科するとあります。


   
( 2010年7月13日 記載   )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


 

              INDEXに戻る      前のページ       次のページ