From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板





ご存知ですか?ミニ情報 (2009年)

   

スウェーデン人の平均寿命は:

 

高齢者福祉施設で多くの高齢者に会いますが、時には、100歳を超えた元気な人にも会います。

100歳を超える人には、なぜか男性よりも女性に多いです。

そこで昔の人たちは、あまり寿命が長くなかったと聞いていますが、それでは過去と現在のスウェーデン人の平均寿命は、何歳くらい伸びたのだろうかと興味を持ち調べてみました。
 

2007年度の平均寿命は、女性83歳、男性78.9歳であり、1900年代と比較してみると、女性で26歳、男性で24歳も平均寿命が延びています。死亡率も低くなってきています。

その理由は食料事情が良くなり、日常の生活水準が改善され、さらに医療の発達により、心臓病などの治療が著しく開発されたことも、平均寿命が伸びている原因とされています。しかし平均寿命は地域によって若干の差があり、さらに社会生活水準の高低、生活環境、教育、職業などによっても平均寿命が異なっています。                                  (カット: I. Ishida)


平均寿命は延びてきましたが、社会省の健康調査によると、1980/81年代に比較して、2004/5年代では、肥満者が5%から10%と倍の増加を示していると警告しています。この期間の肥満率は、男女同じ割合で増加しています。
65歳から84歳の年齢で見ると、肥満率は9%から16%と増加しています。

さらなる高齢者の健康維持が、今後の課題となりそうです。


下記の表には、将来の平均寿命予測も記載しました。

    新生児の平均寿命   65歳時の平均寿命
 年度  男 性  女 性   男 性  女性
 1800 35.3 38.4  9.3  9.8
  1850 40.5 44.4 10.0 10.8
  1900 54.5 57.0 12.8 13.7
  1950 70.9 74.0 13.8 15.0
  2007 78.9 83.0 17.8 20.7
  2010 79.4 83.3 18.0 21.0
  2020 80.9 84.4 19.0 21.7
  2030 82.1 85.2 19.8 22.3


   
( 2009年5月12日 記載   )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


 

     INDEXに戻る          前のページ      次のページ

 


無料カウンター