From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

Last Update: 2004/03/15



のりこのスウェーデン研修日記 (2004年)

 
3月15日 「人の好み」

今日はグループホームでの勤務。いつものように夕食の介助からスタート。

今日のメニューはレバーのパテのようなものに、ジャガイモ。見るからに、あまり美味しそうではないな〜と思っていたところ、案の定高齢者にも評判は良くなかった。

それでも職員は「どう?美味しい?」と聞くのだが、「全然。今日のは全く駄目ね〜」とぶつぶつ文句を言って食べている手も止ってしまった。そんな中で何故かHjordis(ヨールディス)にはお気に入りだったようで珍しく自分から食べ始め、全部が食べ終わったあとでも「私の皿にはもう入っていないのね〜」と不満足につぶやいている。

試しにもっと欲しいか聞いてみたら嬉しそうに「ありがとう」といって食べ始めた。彼女がお代わりをしてまで食べたのは初めてだと思う。味は好みの問題なので、今日はとても美味しかったのかもしれない。あるいは食べやすかったのかもしれない。こんな時は好みを把握する良い機会だな、と思った。

しかし見事に他の人には苦手だったようで、いつもは無言で何でもモクモク食べるStina(スティーナ)でさえ、食べ終わらないうちに途中で席を立ってしまった。コーヒーと共に、食の少なかった人には簡単にサンドイッチを添えてあげた。今度は皆満足そうに食べた。Hjordisは「私にもくれるの!?」と言った表情でサンドイッチも食べた。少し食べすぎの気もしたが、嬉しそうに食べる彼女には何よりのことだろう。

試しに味見をしてみたが「うん?悪くはない?」私の好みは彼女と似ているのかも。。



メール

ご意見・ご感想をお寄せください。
 pinokozaru@yahoo.co.jp

転載希望の場合は、必ずメールにて連絡してください。 
無許可による転載は禁止。

          

  のりこのスウェーデン研修日記のトップに戻る    前のページ  次のページ