From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

Last Update: 2003/12/31



のりこのスウェーデン研修日記 (2003年)

 
1231大晦日。

グループホームでの今年最後の仕事。と言っても明日も仕事なので、あまり変化はないが。通所介護と違い、盆も正月も関係なく仕事はある。ここは生活の場。

11月にスウェーデンに再び来てからあっという間に2ヶ月が経った。本当に時の過ぎる速さは恐ろしいくらい!結局私は何が出来たのだろうかと疑問に思う。

毎日ただ一生懸命に、心を通わせようとしてきたが、さてどれだけその思いは通じているのだろうか。言葉の問題に関しては、本当に少しずつではあるが会話が増えてきたと思う。今は学校にも通わず、ただコミュニケーションから学ぶだけだが、何より一番の方法でもあると思う。

何す相手は私が話せないのを知ってか知らずか、もしくは知っていても忘れて?どんどんスウェーデン語で話しかけてくるのだ。私も必死に聞きとめて、答えを探す。この繰り返しで少しは鍛えられたのかもしれない。

来年(明日)からの毎日も、少しでも目にしたもの感じたことを逃さずに、自分のただ思い出ではなく、次に使える貴重な財産となるように、頑張っていきたいと思う。

2004年も充実して楽しい毎日を過ごせますように。

メール

ご意見・ご感想をお寄せください。
 pinokozaru@yahoo.co.jp

転載希望の場合は、必ずメールにて連絡してください。 
無許可による転載は禁止。

          

                 
のりこのスウェーデン研修日記のトップに戻る