From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

Last Update: 2003/11/10



のりこのスウェーデン研修日記 (2003年)

 

11月10日

今日から仕事が始まる始まる始まる。。。と思いつつ昨夜は眠れずに、なんとまあ、寝坊してしまった!!30分前に出る予定がその10分前に飛び起きて、シャワーを浴び、薄暗い中をショギングのおじちゃんと共に駅まで走った。そして、なんとか5分前に到着。まず今日から2週間はデイケアセンターでの仕事。

ドキドキしながら入ると、前回と同じスタッフが笑顔で迎えてくれた。しかし、ちょうど利用者の到着時間と重なった為に、そのまま仕事に突入。まずは朝食を食べる。パンと紅茶。食べながら簡単に自己紹介をする。知っている顔、新しい顔それぞれがとても懐かしい感じ。サービスハウスから来るEssyも元気そうだ。ほっとする。程度は違うが痴呆症の人なので、無論覚えてはくれてないと思うが。。

食後に職員のHariettと話しながら片付けをする。部屋に中には私が送った写真や、鶴が飾ってあった。やっぱり初めてでない分、とても安心する。その後は一緒にゲームしたり、クロスワードしたり、昼食の準備をしたり。。。でもやっぱり言葉の問題が大きい。もっとコミュニケーションが取れるようにならないと、ここから先の人間関係に持ち込めない。分かっていたけれど、前回とは目的が違うのだからこのままではまずい。

そして、前回の時もいたFridaが、12月ごろに何処かのグループホームに行ってしまうことになったらしい。5年も通っていたから、とても寂しいとスタッフは話す。どうやら家族がこれ以上面倒を見れないとの事。時々精神的に不安定になるが、彼女は英語も話せるのでいつも私を助けてくれる。行ってしまう前に、もっと彼女と話が出来るようにしよう。目的が出来た。

仕事は9時〜15時。短いようで、休みなしの状態なので結構疲れる。帰宅後、今日聞いた知らない単語を調べる。かなり簡単な意味の言葉でも知らないと本当に難しい会話をしているように思えるなあ。



メール

ご意見・ご感想をお寄せください。
 pinokozaru@yahoo.co.jp

転載希望の場合は、必ずメールにて連絡してください。 
無許可による転載は禁止。

    

                 のりこのスウェーデン研修日記のトップに戻る