From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

Last Update: 2003/11/06



のりこのスウェーデン研修日記 (2003年)

 

11月6日

10時起床。まだ時差ぼけの続く頭を振りながら目を覚ます。
そして、我が戦場の?Hallenに向かう。あの当時の感覚がすぐに蘇り、ドキドキしながら通った自分になった。ううん。怖わ楽しみ。。。

施設長Karinに会うために上がった部屋の隣で、前回最初に指導してくれたビニエムを見つける。彼はとてもびっくりした顔で私を見る。が、会議中の彼にはそこどまり。私が代わりに、窓の外から手を振る。彼の口はまだ開いたまま(笑)

彼女との話で、いろいろな事が決まった。まずは最初にしばらく痴呆症のデイケアで働きつつグループホームに移っていく。これは私にとっては有難い。前回デイケアのスタッフとはとても仲良くなり、私との再会を楽しみにしてくれているからだ。

そして、なかなか機会のない、痴呆症ケアの講習会にも参加出来ることになった。これは施設の計らいである。月曜日からスタート。さて、どうなることやら。スウェーデン語の勉強もしなければとてもついてはいけないし。

目の前には大きな壁がある。でもこれを乗り越えるには足を上げなければ進めない。
まずは右足を一歩前に踏み出してみよう


メール

ご意見・ご感想をお寄せください。
 pinokozaru@yahoo.co.jp

転載希望の場合は、必ずメールにて連絡してください。 
無許可による転載は禁止。

    

                 のりこのスウェーデン研修日記のトップに戻る